大阪島之内の中央鍍金工業

c0112559_1056454.jpg
 元住友家本邸内ビリヤード場の東側の通り、斜め向かいに建つ建物。大正初期の町工場と思われる建物で、現在は中央鍍金工業という看板があります。鍍金とはメッキのことで、その前は加藤鍍金の工場でした。

 前面は煉瓦タイル貼りに木枠の窓が並び、工場建築にしては破風やパラペットの装飾が華やかで、セセッション風にも見えます。住友家の創業地に隣接していることから、住友関連の工場だった可能性があるようです。コンクリート造りか煉瓦造りに見えますが、強度材は木製。木骨煉瓦造り、2階建て。

中央鍍金工業
旧加藤鍍金 1913(大正2)年
設計:施工 : 不明
大阪市中央区島之内1-1-6
撮影 : 2009.12.23
c0112559_105772.jpg
c0112559_10571661.jpg
c0112559_10572686.jpg
c0112559_10573731.jpg
c0112559_10574672.jpg
破風には消えかかっていますが、2頭のライオンの間に住友のロゴと思わしきものが見えます。
c0112559_10581613.jpg
c0112559_10582638.jpg
c0112559_10583668.jpg

by gipsypapa | 2010-12-30 11:00 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15687353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-12-31 06:13
この時代の建物には、
よくライオンが彫られていますね。
やはり、「百獣の王」だから、
家(会社)を守ってくれるという縁起担ぎ?
それとも、ただの流行?
Commented by gipsypapa at 2011-01-04 11:40
j-garden-hirasato さん
ライオンは多いですね。
建物の前だけでなく、橋にもあります。
そして大体決まってペアです。洋風意匠に多いですね。
おっしゃるように門番の意味があるのかも知れません。
神社には狛犬ですけど。
Commented by 近くのひと at 2011-06-11 12:10 x
この建物は、すでに壊され、新しいビルの建設中です。
惜しい建物だったのに。
Commented by gipsypapa at 2011-06-12 08:08
近くのひとさん
壊されましたか。
確かに工場としては活気を感じませんでしたが。
大阪市では貴重な産業遺産でした。
残念。
<< 久野産業大阪本社ビル 元住友家本邸内ビリヤード場 >>