元住友家本邸内ビリヤード場

c0112559_1303929.jpg
 大阪の島之内には江戸時代に日本最大の銅精錬所といわれた住友長堀銅吹所があり、1876(明治9)年に銅吹所が廃止され、跡地が住友家の邸宅になりました。その後は公園となり、邸宅は残っていませんが、その東側の一角に当時のビリヤード場が現在も残っています。

 明治初期に建てられた日本で初めてのビリヤード場で、玄関には洋風のアーチ扉や円柱の飾りがあり、ギリシャ風の三角ペディメントの上には鬼瓦の切妻屋根となっていて、屋根は瓦葺き。通り側の面に丸窓を配し、反対側には木枠の洋風上げ下げ窓など、明治初期の擬洋風を象徴する貴重な建物です。土蔵造り、平屋建て。

元住友家本邸内ビリヤード場
1879(明治12)年
設計・施工 :八木甚兵衛?
大阪市中央区島之内1-6
撮影 : 2009.12.23
c0112559_1314524.jpg
c0112559_1315710.jpg
 昔ここにあった住友家住宅の写真がありました。
c0112559_133337.jpg
c0112559_1331511.jpg
c0112559_1332026.jpg
c0112559_1333059.jpg
c0112559_1333822.jpg
c0112559_1334682.jpg
c0112559_1335466.jpg
c0112559_134556.jpg

by gipsypapa | 2010-12-28 13:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15678204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-12-30 07:36
おもしろい建物です。
和洋折衷の見本みたいです。
蔵で和洋折衷の建物は、
初めて見ました。
Commented by gipsypapa at 2010-12-30 10:55
j-garden-hirasato さん
土蔵造りのビリヤード場。
一応ビリヤードなので洋風も取り入れたのかな。
何故この建物だけが残ったのか不思議です。
<< 大阪島之内の中央鍍金工業 日本基督教団島之内教会 >>