大阪の宇野薬局

c0112559_17122878.jpg
 大阪市の本町橋近くにある昭和初期の薬局兼住宅。現在も現役の薬局です。

 淡い褐色のタイル貼りで3階部分に丸窓。裏側の住居部分には小さなベランダがあります。軒の水平線を強調し、緑色のスペイン瓦を見せている洋風建築です。国の登録有形文化財に指定されています。一見コンクリート造りに見えますが、実は木造3階建て。

宇野薬局
1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計 : 坂本建築事務所
施工 : 長岡栄吉
大阪市中央区徳井町2-3-3
撮影 : 2009.12.5
c0112559_17133914.jpg
c0112559_17134970.jpg
c0112559_17135817.jpg
c0112559_1714753.jpg
c0112559_17141632.jpg
c0112559_17142593.jpg
c0112559_17143346.jpg
c0112559_17145345.jpg
 この日は友人との待ち合わせ場所に向かう途中に立ち寄りました。フランス人の土産にする煙草をカートン買いするので煙草屋を探していました。ちょうど良い機会。店に入りました。年配のご主人と建物談義。大阪市の有形文化財保有者の会というものがあるそうです。文化財指定を受けているので、古くなった箇所の改造が面倒なわりには、メリットは固定資産税の減免くらいしかなく、元々古いので資産価値は下がっていて、あまりいいところがないというのが、共通した悩みとか。

 煙草を買いに入ったのに、のどの調子が悪く、ついでにのど飴も買ったら、「咳きしながら煙草?」と笑われました。しかし薬局で煙草を販売するのもなにか変。(笑)
by gipsypapa | 2010-12-11 17:16 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15595129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-12-12 10:16
薬屋さんの外観が、
もう少しクラシックな仕上げだったら、
さらに、よかったんですけどね。
窓枠は木ですか。
いい感じです。
Commented by kaetuya55 at 2010-12-12 11:47
 ↑ 同感です。
しかし、現実問題...お仕事を考えると昔のままを使うのは難しいですね。
金沢でも、洋風の近代建築に限らず、江戸期の町家も古いままに使い
続けることは難しいです。
Commented by gipsypapa at 2010-12-13 21:22
j-garden-hirasato さん、
店舗の形だけは変わっているかもしれませんね。
さすがにそれ以外の部分は有形文化財だけあって、
よく当時のままで残してくださっていると思います。
Commented by gipsypapa at 2010-12-13 21:25
kaetuya55 さん
そうでしょうね。
金沢はもっと和風の町屋ふうの商店が多いでしょう。
店舗の使用目的によっては昔の状態を
保持することは難しい場合が十分考えられます。
<< 大阪市瓦町の木村商店 大阪ガスビルディングを再訪 >>