大阪市平野町の戎屋北野

c0112559_12254516.jpg
 同じく大阪ガスビルの南側の通りに「北野」という名前の建物があります。前回紹介した北野家住宅と関係がありそうです。昭和初期の建物で化粧品屋だったもので、今は洋品店になっているようです。

 淡い褐色のタイル貼りで、上部に装飾があるレトロな建物で、少なくとも外観は当時の姿を留めています。木造(?)3階建て。

戎屋北野
1930(昭和5)年
設計・施工 : 不明
大阪市中央区平野町4-3-16
撮影 : 2009.12.5
c0112559_1226511.jpg

by gipsypapa | 2010-12-06 12:27 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15568895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-12-06 20:28
1階部分も、
建物全体のデザインを踏襲してほしかったですね。
残念!
でも、活用されているので、
良しとしましょう。
Commented by mini-mini32 at 2010-12-07 06:46
2階3階の窓が大きくとってありますね・・・
2段に区切られて・・・
中から見てみたいなぁ・・・
どんな風にしてあるんでしょう・・・
こう言うタイルは、重厚感がありますね・・・
一番上の装飾が、遠慮気味で素敵です・・・(^-^)
Commented by gipsypapa at 2010-12-07 22:26
j-garden-hirasato さん
もともと化粧品の店舗として建てられたようですから、
1階」はタイル張りではなく、
開口部とガラス戸だったでしょう。
かなり手が加えられて雰囲気は変わっていると想像しますが、
ある程度仕方ないかな。
Commented by gipsypapa at 2010-12-07 22:29
mini^mini32 さん、
なるほど。中から見たい。
よくわかりますが、このような洋品店に
おっさんが入っていく勇気はありません。(笑)
<< 大阪ガスビルディングを再訪 大阪の北野家住宅主屋 >>