GA総合研究所

c0112559_1745036.jpg
 福岡の繁華街である天神町の西、国体道路と呼ばれる国道の近くに洋館があります。モルタル塗りの外壁に木枠の玄関扉と窓が並び、玄関上にはハーフティンバー風の妻面があります。

 現在はGA総合研究所という建築設計会社の建物になっています。建物の詳細は不明ですが、少なくとも昭和初期以前の建物で、病院だったのではないかという佇まいです。鉄筋コンクリート造り(木造?)、2階建て。

GA総合研究所
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
福岡市中央区大名1-3-9
撮影 : 2010.1.10
c0112559_17454744.jpg
c0112559_17455633.jpg
c0112559_1746386.jpg
c0112559_1746780.jpg
 GA総合建築研究所のホームページに写真があり、それによると玄関ポーチの上に今はない装飾のレリーフがあったようです。
by gipsypapa | 2010-11-26 17:52 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15518181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mini-mini32 at 2010-11-27 06:18
きれいに改築されていますが、
以前の装飾レリーフ残せなかったのでしょうか・・・
残念です・・・
やっぱり、内部も見てみたい・・・。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-11-27 06:33
玄関ポーチの装飾のレリーフ、
改修の際になくしちゃったんですね。
柱も減ってるし…。
剥れて落ちたりしたんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2010-11-28 11:40
mini-mini32 さん
中をみたいですよね。
HP写真にステンドグラスが写っています。
玄関ドアの上にあるようです。
私が訪ねたときは正月の締め飾りで隠れていますね。
この手のステンドグラスは中から外の光を受けるのが
美しいはずですよね。
Commented by gipsypapa at 2010-11-28 11:43
j-gaeden-hirasato さん
どうも玄関ポーチが全部作り変えられたようですね。
おっしゃるように柱の数が違うし、いろんな模様がないです。
作り変えたときに装飾レリーフもなくなってしまったのでしょう。
残念です。
<< 大阪市姫島の奥山家住宅主屋 旅館鹿島本館 >>