嬉野温泉の井出酒造洋館

c0112559_14155158.jpg
 嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」いわれる、武雄温泉と並んで佐賀県を代表する温泉です。塩田川のほとりに切妻面を川に面する瀟洒な洋館が建っています。明治初期からの造り酒屋である井出酒造の住居です。

 川から見た左側に2階建の洋館部、右に平屋建ての和館が繋がっていて、川の堤防の頂上位置にはテラス。テラスより低い地下部分は、昔は酒を川船で積み出すための搬出入口ではないかと想像されます。

 築年を含めて情報が見つかりませんが、少なくとも昭和初期以前の築と思われます。木造2階建て、地下1階。

井出酒造
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1
撮影 : 2010.4.24
c0112559_14163685.jpg
c0112559_14165742.jpg
c0112559_1417551.jpg
 裏に回るとまず倉庫。
c0112559_14181482.jpg
c0112559_1418248.jpg
 反対側は商店街に面した店舗です。
c0112559_14184943.jpg

by gipsypapa | 2010-11-15 14:19 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15459238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mini-mini32 at 2010-11-15 22:29
昔の作り酒屋さんと言うのは、立派な建物が多いですね~
でも、たいてい和風建築のような気がしますが、
こちらは、洋館部分があり、地下も魅力的・・・
当時の繁栄ぶりが想像できます・・・
道路側の店舗は綺麗にされて、
現在もしっかり営まれているのですね・・・(^-^)
・・・・・川側からの眺めの雰囲気いいですね♪
Commented by j-garden-hirasato at 2010-11-16 06:36
日本酒の作り酒屋で洋館というのは、
ちょっと違和感がありますが、
当時、洋館を建てるということが、
その家の繁栄振りを示すようなものだったんでしょうか。
でも、この洋館、
色合いが周囲の建物と同化しているので、
洋館らしくなく、
とても不思議な感じです。
Commented by gipsypapa at 2010-11-16 11:18
mini-mini32 さん
温泉地には川が似合いますね。
周りは古い和館もありましたが、
何故、酒屋さんに洋館があるのか私も不思議に思います。
しかし私好みの洋館なので理由はどうでもいいです。(^^)
Commented by gipsypapa at 2010-11-16 11:21
j-garden-hirasato さん
実はこの建物の傍には古湯温泉という
ドイツ人設計の派手な洋館がありました。
一度解体されて最近復元されました。
このあと紹介する予定ですが、
この川べりには洋館が似合います。
とはいえここは右側の和風建築とよく融合していますね。
<< 嬉野橋 武雄温泉と肥前鹿島駅前の看板建築 >>