武雄温泉楼門

c0112559_101549100.jpg
 1200年以上前に開湯した北部九州では有名な武雄温泉。神功皇后が入浴されたとも伝えられているほか、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、唐津の名護屋城に集められた多数の兵士が湯治に訪れたとか、江戸時代には宮本武蔵、伊達政宗、伊能忠敬、シーボルト、吉田松陰などが入浴した記録も残されているといわれる歴史のある温泉地です。

 温泉の入口に立つ武雄温泉のシンボルである朱塗りの楼門。大正初期に建てられた、形や色彩が竜宮城を連想させ、天平式楼門と呼ばれる釘一本も使用していない純和風の建築物です。

 設計は地元佐賀県出身の辰野金吾が率いる辰野葛西建築事務所、施工は清水組(現清水建設)の清水満之助。辰野葛西建築事務所は、その前年に東京駅舎を完工したばかりで、ほぼ同時期に設計したものです。設計・施工者ともに近代洋風建築の大御所ですが、このような和の技法による建物を手がけたこと自体が貴重な文化遺産といえましょう。国の重要文化財の木造入母屋造本瓦葺、漆喰塗大壁の二重門。

武雄温泉楼門
1915(大正4)年
重要文化財
設計 : 辰野葛西建築事務所
施工 : 清水満之助(清水組)
武雄市武雄町大字武雄7425
撮影 : 2010.4.24
c0112559_1018075.jpg
c0112559_10181852.jpg
c0112559_10182712.jpg
c0112559_10183611.jpg
c0112559_10184390.jpg
 門をくぐると朱塗りの柱に格天井。
c0112559_10191489.jpg
c0112559_10192711.jpg
 何故か門内に堂々と中華料理屋さん(?)が店開きしていました。
c0112559_10201388.jpg
 門を抜けて反対側を見ています。
c0112559_10205134.jpg
 楼門の左にある武雄温泉第六源泉。
c0112559_10212454.jpg

by gipsypapa | 2010-11-02 10:24 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15389574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 東京のパワースポット 聖.. at 2010-11-16 13:57
タイトル : 富岡八幡宮 -東京のパワースポット-
初めて訪れました東京の下町『門前仲町』。「もんぜんなかちょう」と読むんですね。ずっと「もんぜんなかまち」だと思っていました♪富岡八幡宮へ行くには、地下鉄門前仲町の駅から地上に出て永代通りを西の方向へと進みます。深川めしのお店があったり、煎餅や巻き寿司を売るお店があったりして下町風情たっぷりの歩道を歩きます。永代通りを数分歩き左側に入る小路を進むとそこが富岡八幡宮です。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2010-11-03 05:21
勇ましい名前の温泉ですね。
入るだけで、強くなれそうです。
この門の設計は、辰野金吾ですか。
西洋建築だけではなかったんですね。
Commented by gipsypapa at 2010-11-03 18:13
j-garden-hirasato さん
ほほう、勇ましい名前ですか?
九州では結構有名な温泉なので、
なにも不思議には思いませんでした。
辰野としては遊び心を発揮したのでしょうか。
ここと次の新館は唯一といっていい、
純和風建築です。
<< 武雄温泉新館 JR唐津線山本駅 >>