唐津郵政クラブ 二の門荘

c0112559_1141880.jpg
 唐津の市内を流れる町田川が唐津湾に注ぐ河口近くで分岐した支流が唐津城のお堀を兼ねています。その水際にある郵政クラブ二の門荘。私が泊った旅館の隣にあり、部屋の窓から見えたので近づいてみました。

 調べるとここも現役の旅館で、昭和初期に建てられた純和風建築で、道路から見て右側のモルタル塗りの部分は増築されたように見えます。木造2階建て。

唐津郵政クラブ 二の門荘
昭和初期
設計・施工 : 不明
唐津市東城内2-41
撮影 : 2010.4.23
c0112559_115167.jpg
c0112559_1158100.jpg
c0112559_1151493.jpg
c0112559_1152139.jpg
c0112559_1152796.jpg

by gipsypapa | 2010-10-29 11:05 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15368275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-10-31 20:56
現役の旅館ですか。
今の若い人たちには、
こういう宿は敬遠されちゃうかもしれませんね。
自分は進んで泊まりたいですけどね(笑)。
Commented by mini-mini32 at 2010-10-31 22:55
郵政クラブ二の門荘・・・・・
一体どう言う時にどう言う人達が
利用したんでしょうか・・・
そんな風に考えてしまいます・・・
名前が・・・
Commented by gipsypapa at 2010-11-01 09:58
j-garden-hirasato さん、
ネット情報では全6室で40名収容とありますので、
昔風の、しかも団体客向けの旅館のようです。
私はこの隣の旅館に泊ったわけですが、
こちらはもちろん個室で鉄筋コンクリート造りの今風でした。(笑)
Commented by gipsypapa at 2010-11-01 10:02
mini-mini32 さん、
名前からして郵便局の方が利用していた宿泊設備だったのでしょうね。
これについての詳しいネット情報は見つかりませんでした。
ともあれ現在は一般客も受け入れているのは間違いないようです。
ただ↑に書いたように大広間しかない団体客向けかな。
私の泊った旅館は他にも数組の宿泊客がありましたが、
ここは人の気配を感じませんでした。
<< くらかず絵画教室(旧寿湯) 唐津鐵工所唐津工場 >>