唐津の小笠原記念館

c0112559_10183251.jpg
 唐津藩の藩主だった小笠原家の菩提寺、近松寺の境内にある展示施設です。小笠原家ゆかりの美術品や歴史資料などが展示されています。唐津市が管理していますが、係員は不在。見学者が自分で中に入って照明のスイッチを入れるという合理的な(笑)運営がなされていました。

 建物は戦後の築ですが、早稲田大学教授の今井兼次。欧州に学び、ガウディの日本への紹介者として知られていますが、作風は合理的・機能的なモダニズム建築からは距離を置き、建築に職人の手の技を残す作品が多いといわれています。建築作品とともに教育者として研究室から優れた建築家、研究者を多数輩出しました。

 主な作品としては、早稲田大学図書館(現 早稲田大学会津八一記念博物館)、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、日本学園(旧日本中学校)校舎、日本二十六聖人記念聖堂、大隈記念館などがあります。

 この建物は和風の意匠に現代建築を組み合わせた設計で、2階建てに見えますが、内部は吹き抜けの平屋建てです。展示室は間接光による照明を用い、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。装飾が少なく控えめな印象ながら、上質なデザインといえるでしょう。木造平屋建て。

小笠原記念館
1956(昭和31)年
設計 : 今井兼次
施工 : 竹中工務店
唐津市西寺町511
撮影 : 2009.8.13
c0112559_10201223.jpg
c0112559_10202272.jpg
c0112559_10202916.jpg
c0112559_10203738.jpg
c0112559_10204686.jpg
c0112559_10205673.jpg
c0112559_1021527.jpg
c0112559_10211160.jpg
c0112559_10212380.jpg
c0112559_10213519.jpgc0112559_10214461.jpg 
























 
御当地、唐津出身の建築界の大御所二人の肖像写真も。辰野金吾(左)と曽禰達蔵(右)。
c0112559_10223458.jpg

by gipsypapa | 2010-10-21 10:25 | 建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15325351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mini-mini32 at 2010-10-22 06:02
内部は、撮影禁止だったのですか・・・(@_@)
吹き抜けが見たかったです・・・
Commented at 2010-10-22 06:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2010-10-22 10:52
mini-mini32 さん
誰もいないし、辰野金吾のパネルを撮影しましたので、
撮影禁止ではなかったはずです。
撮っていないのは、多分ありふれた天井が貼ってあって
見るべきものがなかったからでしょう。
大分前のことで忘れたのが現実ですが。

ライブの件、是非来てください。
チケットは私が持っていますので、
入口でJuanito(ホアニート)または「しんどう」を呼んでもらったら、
前売り料金で入れるようにします。
では、お会いできることを楽しみに。
Commented by mini-mini32 at 2010-10-22 18:50
gipsypapaさん~♪
友人と二人で行く予定です~
入り口で、新藤さんを呼びますね(^-^)
Commented by gipsypapa at 2010-10-23 09:36
mini-mini32 さん
は~い、お待ちしています。
では会場で会いましょう。
<< 瑞鳳山 近松寺 唐津の旧高取邸貯蔵庫 >>