唐津の旧高取邸貯蔵庫

c0112559_1553089.jpg
 旧高取邸の敷地内にある貯蔵庫。木造ですが煉瓦造りの腰壁と地下室があり、ワインなどの貯蔵に使われていたようです。

 この建物も重要文化財指定されているかどうかはわかりませんが、居住棟と同じ大正期の築と思われます。木造、レンガ造り、平屋建て、地下1階。

旧高取邸貯蔵庫
1918(大正7)年?
設計 : 不明
施工 : 吉田吉次郎
唐津市北城内5-40
撮影 : 2009.8.13
c0112559_1564653.jpg
c0112559_1565625.jpg
c0112559_157256.jpg
c0112559_1571679.jpg
c0112559_1573693.jpg
c0112559_1574475.jpg
c0112559_1575297.jpg
 敷地内には蔵もあり、ここでゆかりの品物が展示されています。また日本庭園がありました。
by gipsypapa | 2010-10-20 15:09 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15321077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-10-21 06:26
立派なお庭もあるんですね。
これだけ立派なお屋敷なら、
当然でしょうか。
ワイン専用の蔵というのも、
当時は珍しかったでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2010-10-21 10:07
j-garden-hirasato さん
やはり庭に目がいきましたか。
少し高台にあり庭の向こうは唐津湾です。
この手のお屋敷にいくと
ついつい建物に集中してしまい、
庭の写真が少ないのです。^^;;
しかもここは写真の写りが最悪でした。
ワイン蔵のワインはしっかりチェックしましたが、
もちろん全部空でした。(笑)
Commented by mini-mini32 at 2010-10-22 05:55
貯蔵庫と言っても、立派!
レンガ積みも、きちんと積んである・・・
当時に、ワイン貯蔵庫なんて・・・
これまた、凄い!ですね~(^-^)

Commented by gipsypapa at 2010-10-24 09:10
mini-mini32 さん
お金持ち~、という感じですね、
レンガ積みについては地下はイギリス積み、
(長手と小口のレンガを上下方向に交互に積む)
地上部は長手積みです。
意図的に使い分けているのか、
適当に材料の都合で積んだのか???
<< 唐津の小笠原記念館 唐津の旧高取邸 >>