唐津のM邸

c0112559_9401041.jpg
 松浦川の西岸にある船宮町に1882(明治15)年創業の宮島醤油の工場があり、その裏手にある邸宅です。純和風の建物ですが、玄関脇に小さな洋間を張り出しています。詳細は分かりませんが、大正から昭和初期の築と思われます。木造平屋、一部2階建て。

唐津のM邸
昭和初期?
設計・施工 : 不明
唐津市船宮町
撮影 : 2009.8.13
c0112559_941158.jpg
c0112559_9411335.jpg
c0112559_9412461.jpg
c0112559_9413517.jpg
c0112559_9422374.jpg
c0112559_9423556.jpg
c0112559_9424593.jpg
 鶴と亀が描かれた門柱。
c0112559_9431535.jpg
 住宅の横には蔵がありました。
by gipsypapa | 2010-10-17 09:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15303161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-10-19 06:05
塀の側面に描かれた鶴亀がユニークです。
遊び心ですね。
もう少し、上手に描かれていれば、
非の打ち所がなかったんですが(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-10-19 14:28
j-garden-hirasato さん
あはは、ちょっとマンガチックかな。
隣の醤油会社の社長さんの住宅だと思いますが、
未確認です。
<< 竹屋 旧唐津銀行本店 >>