函館の花かんろ

c0112559_13231595.jpg
 この建物も港が丘通りにある大正期の建物。元は雑貨店だった大正期の平屋建ての町屋風の和風家屋の後ろに、近年に擬洋風の2階建て部分を増築し、喫茶店として再利用しています。函館市伝統的建造物の木造平屋/2階建て。

最新の写真を追加します。2013.12.27

花かんろ
旧土沢商店
1921(大正10)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市元町14-6
撮影 : 2009.9.23 & 2013.8.29
c0112559_13235943.jpg
c0112559_1324697.jpg

 2013年8月の写真です。↓
c0112559_13332668.jpg
c0112559_13333968.jpg
c0112559_1333528.jpg

by gipsypapa | 2010-09-02 13:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15054314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-09-03 05:41
函館の人は、
洋館が好きなんでしょうか。
増築するなら、和風でもいいのに、
やっぱり、洋館なんですね。
Commented by gipsypapa at 2010-09-03 13:43
j-garden-hirasato さん、
ある種的を得た視点かもしれません。
というのは、最近、小樽と札幌に行って建物を見てきましたが、
やはり洋風の建物が多く、むしろ純和風の住宅は少なかったです。
都市ごとに佇まいには違いがあり、
函館のような1階が和風、2階が洋風という擬洋館は他では少なかったです。
とはいえ、洋風建築が多いのは北海道が明治以降に開発されたからでしょうね。
<< 函館のペンションはちまん坂 函館の茶房菊泉 >>