函館市写真歴史館

c0112559_13192125.jpg
 同じく旧函館区公会堂の下にある元町公園の中に建つ明治後期の木造洋風建築。左右対称のギリシャ様式の設計で、正面中央の玄関ポーチにコリント式の柱と三角形のペディメントがあるクラシックな外観です。設計は北海道庁土木技師だった家田於菟之助(いえだおとのすけ)。札幌市の北海道開拓の村にある旧浦河支庁庁舎も手掛けた建築家です。

 1922(大正11)年から1950(昭和25)年まで渡島支庁庁舎、その後は北海道関係施設として1057(昭和32)年まで使用されました。以後は函館市の所有となり、准看護婦養成所や失業対策事業の作業所となっていたそうです。c0112559_13252086.jpg1991(平成3)年の火災で内部を焼損しましたが、復元され、現在は1階が元町観光案内所、2階は函館市写真歴史館として一般開放されています。北海道指定有形文化財と函館市指定伝統的建造物の木造2階建て。

函館市写真歴史館
旧北海道庁函館支庁庁舎
1910(明治43)年
北海道指定有形文化財
函館市指定伝統的建造物
設計 : 家田於菟之助(北海道庁)
施工 : 鈴木仙蔵
函館市元町12-18
撮影 : 2009.9.23
c0112559_13203274.jpg
c0112559_1320417.jpg
c0112559_13204979.jpg
c0112559_13205551.jpg
c0112559_1321251.jpg
c0112559_13211216.jpg
c0112559_13212056.jpg
c0112559_13213018.jpg

by gipsypapa | 2010-08-31 13:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15042637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-09-01 07:21
入口部の
二階まで伸びた柱が個性的です。
写真歴史館として利用されているんですか。
こちらもなかなか楽しそうです。
Commented by gipsypapa at 2010-09-01 15:05
j-garden-hirasato さん、
元町公園は丘の上にある市民の憩いの場です。
ここにレトロな建物を残してくれているのは嬉しいですね。
2階が写真歴史館なのですが、写真でもわかるように
夕暮れが迫り、お腹もすいてきたので、
2階はパスしてしまいました。
<< 茶房菊泉 旧開拓使函館支庁書籍庫 >>