函館の川村家住宅

c0112559_1811261.jpg
 さらに同じ並びを西へ。こちらも大正期の住宅建築で1階は町屋風の和風。2階は洋風で白の下見板張りに縦長の上げ下げ窓と持ち送りがある和洋折衷住宅です。函館市伝統的建造物の木造2階建て。

川村家住宅
1922(大正11)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市元町10-10
撮影 : 2009.9.23
c0112559_18122327.jpg
c0112559_18123213.jpg

by gipsypapa | 2010-08-21 18:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14988363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-08-22 07:24
おー、住宅地にも函館仕様が(笑)。
こういう仕様になるのは、
パイオニア精神の現れでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2010-08-22 12:38
j-garden-hirasato さん、
この一角には洋館が多いのですが、
一部和洋折衷がありました。
当時の流行でしょうかね。
<< 元町日和館 函館の小林家住宅/小林家住宅所有物 >>