函館の小林家住宅/小林家住宅所有物

c0112559_1123160.jpg
 これも同じ並びにある大正期の住宅。2棟が繋がっていて、向かって左が洋館。右は純和風です。洋館部分は小林家住宅。白い南京下見板貼りに縦長窓が並ぶ美しい建物。右も同時期の築の小林家住宅所有物と称される建物。簓子下見板張りの純和風の建物です。いずれも函館市伝統的建造物の木造2階建て。

小林家住宅/小林家住宅所有物
1922(大正11)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市元町10-9 & 10-10
撮影 : 2009.9.23
c0112559_1131417.jpg
c0112559_1132181.jpg

by gipsypapa | 2010-08-20 11:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14981176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-08-22 07:31
一軒は人に貸したりしていたんでしょうか。
それとも、二世帯住宅でしょうか。
和洋、どちらかに決めかねたのかな。
Commented by gipsypapa at 2010-08-22 12:36
j-garden-hirasato さん、
昔は和風の母屋に洋風の応接室がくっついている住宅がよくありますが、
ここの洋館は本格的です。
同じ時期の築なので、二世帯だった可能性がありますね。
<< 函館の川村家住宅 函館の徳田家住宅 >>