函館ハリストス正教会復活聖堂

c0112559_1282857.jpg
 c0112559_1285027.jpg 函館では有名な建物の一つ。いかにもロシア正教会らしい外観をしています。このブログでも、設計者は違いますが、すでに日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)京都ハリストス正教会石巻ハリストス正教会を紹介していますので、写真をご覧になればその共通性は感じられるはずです。

 この教会は大正初期に建てられた、煉瓦造りの壁面に白漆喰仕上げのビザンチン様式で、緑青の屋根は木造小屋組で支えられる銅板貼りです。鐘楼の尖塔を中心として、合計6個のネギ花状のクーポラ(小さなドーム)と十字架が付いています。地元の信者とロシアの一老寡婦からの多額な献金により建てられたとか。.

 設計と監督は正教会補祭で、他にも現存する豊橋ハリストス正教会聖堂、白河ハリストス正教会聖堂も設計したモイセイ河村伊蔵。重要文化財に指定されている煉瓦造平家建て。


函館ハリストス正教会復活聖堂
1916(大正5)年
重要文化財
函館市伝統的建造物
設計 : 河村伊蔵
施工 : 尾林利吉
函館市元町3-13
撮影 : 2009.9.23

c0112559_1210029.jpg
c0112559_12101097.jpg
c0112559_12102053.jpg
c0112559_12102976.jpg
c0112559_12104020.jpg
c0112559_12105044.jpg
c0112559_1211176.jpg
c0112559_12111693.jpg
c0112559_12112655.jpg
c0112559_12113521.jpg
 聖堂内部が撮影禁止なので美しいアーチ窓から差し込む光を紹介出来ないのが残念です。
c0112559_12132640.jpg
c0112559_12133664.jpg
敷地内にひっそり建つ信徒会館。こちらは新しいようです。
by gipsypapa | 2010-08-16 12:18 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14958408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 函館の遺愛幼稚園 日本聖公会函館聖ヨハネ教会 >>