函館のカリフォルニアベイビー

c0112559_10201590.jpg

c0112559_10203563.jpg  泊ったホテルの傍にあるので、何度も前を通ったお洒落な建物。大正6年に建築された特定郵便局を改修して、現在はアメリカンスタイルのカフェになっています。ちょっとだけ中を覗きましたが、キャメルやバドワイザーの飾りでアメリカンムード一色。人気のメニューは「シスコライス」で、ピラフの上にフランクフルトが2本とミートソースがかかっているとか。平成4年に公開された映画「いつかギラギラする」(主演・萩原健一、木村一八)のロケにも使われたそうです。

 白いファサードの妻壁が流線形が組み合わされたような面白い曲線を形作り、控えめな装飾がちりばめられている、軽快でセンスがいい建物です。入口が中央になく、左側にあり、右側に縦長窓が並ぶ非対称の設計。木造モルタル塗りの平屋建て。

カリフォルニアベイビー
旧特定郵便局
1917(大正6)年
設計・施工 : 不明
函館市末広町23-15
撮影 : 2009.9.22&23
c0112559_10213260.jpg
c0112559_1021439.jpg
c0112559_1021549.jpg
c0112559_102249.jpg
c0112559_10221323.jpg

by gipsypapa | 2010-08-11 10:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14930967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-08-12 06:06
大正時代に、
こんな建物を建てていたんですね。
今では、とてもお洒落なデザインですが、
当時の人は、
どう感じていたんでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2010-08-12 17:14
j-garden-hirasato さん、
函館では比較的珍しい完全な洋風建築です。
ファサードのデザインは斬新だったと思います。
うまく利用されているので、お客さんが多いようでした。
記憶に残った建物です。
<< 日本聖公会函館聖ヨハネ教会 函館の佐藤家住宅 >>