函館の白井家住宅

c0112559_113409.jpg
 市電通りと直交する大三坂下にある、こじんまりした擬洋風住宅。函館には多く見られる様式ですが、この建物昭和初期の築。大正末期の様式から進化したのでしょうか、1階と2階にある出窓が特徴です。側面の通用口は洋風。市電通りに面した玄関周りは最近の改修のようです。函館市伝統的建造物に指定された木造2階建て。

白井家住宅
1934(昭和9)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市末広町23-1
撮影 : 2009.9.24
c0112559_11345873.jpg
c0112559_113557.jpg
c0112559_1135127.jpg
c0112559_11352011.jpg

by gipsypapa | 2010-08-09 11:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14920303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-08-12 06:08
玄関周りが改修したばかり。
まだまだ使う気満々ですね。
結構、結構。
Commented by gipsypapa at 2010-08-12 17:11
j-garden-hirasato さん、
玄関だけ見ると新築のようです。
古いものを大事に使い続けていらっしゃるようで、
嬉しくなります。
<< 函館の佐藤家住宅 函館の旧平和石油船舶事務所 >>