函館市文学館

c0112559_13342683.jpg
 もう一つ銀行だった建物。第一銀行の函館支店として建てられたものです。ジャックス(北日本信販)社屋として使われたのち、函館市へ寄付され、平成5年から函館市文学館になりました。石川啄木をはじめとして、地元ゆかりの文学者の直筆原稿などが収蔵・展示されています。

 銀行らしく中央に玄関があり左右対称なフォルムですが、重厚さの中に、花崗岩と茶色のタイルの色が調和したモダンで美しい建物です。

 基本構造は鉄筋コンクリートと煉瓦の両方が使われているっそうで、鉄筋コンクリート構造が一般的に取り入れられていくまでの中間的な構造を採っています。函館の数ある建築物のなかでも優れた意匠の一つでしょう。函館市景観形成指定建造物の鉄筋コンクリート・煉瓦造り2階建て。

 設計は大正時代から昭和時代にかけて活躍し、多くの銀行建築を設計したことで知られる西村 好時(にしむら よしとき)。このブログでも山二商店成瀬証券旧第一銀行丸太町支店愛知県庁本庁舎を紹介しています。共同設計者の八木憲一は清水組の技師として活躍した建築家。

函館市文学館
旧第一銀行函館支店
1921(大正10)年
函館市景観形成指定建造物
設計 : 西村好時+八木憲一
施工 : 清水組
函館市末広町22-5
撮影 : 2009.9.23 & 24
c0112559_13433921.jpg
c0112559_134347100.jpg
c0112559_13435279.jpg
c0112559_1344026.jpg
c0112559_1344847.jpg
 すでにいくつか旧銀行の建物を紹介しました。かつては大正から昭和初期にかけ、海運業で栄えた函館ですが、徐々に銀行が撤退して行った時代の趨勢を、これらの建物が語っているようです。
by gipsypapa | 2010-08-06 13:45 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14904273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-08-07 06:28
銀行の建物は、
どこもお堅いイメージですが、
そういうことを意識して、
建てていたんでしょね。
この建物も、
いかにも「銀行」という感じです。
Commented by sy-f_ha-ys at 2010-08-07 07:50
西村好時というと正統派の銀行建築家ですが、函館の作品はちょっとモダンな印象を受けてしまいます。
共同設計者の八木憲一さんは東京新宿の伊勢丹の設計を手掛けるなどモダンな作風を得意としていた人だそうで、その方の好みが反映されたのでしょうか。

あと私がいつもお世話になっている函館在住の古建築にお詳しい方のお話によると、ジャックスの社屋として使われていた頃は銀行時代の面影そのままだったそうですが、文学館改修の際にだいぶ様変わりしてしまったようです。ですが金庫室はそのまま残っており、こちらに石川啄木の直筆原稿などA級資料が展示されています。
Commented by gipsypapa at 2010-08-07 22:01
j-garden-hirasato さん、
銀行らしい重厚さを出しながら、
いい意味で一種の軽快さも感じさせます。
ある意味では今の使われ方が合っているかもしれません。
Commented by gipsypapa at 2010-08-07 22:11
sy-f_ha-ys さん、
八木憲一さんの伊勢丹は残念ながらまだ見ていませんので、
この建物への関与の度合いはなんともわかりません。
西村好時さんの経歴を見ると、時代も大正末期から昭和初期。
古典様式主義からの脱却の傾向があるし、
曾禰・中條建築事務所、清水組設計部技師、第一銀行建築課長
を経て西村建築事務所を開設されています。
つまり企業に埋もれるより自分を主張したい意欲があった人ではないかと想像します。
確かに銀行建築家ですが、作品はバラエティに富んでいますよね。
<< 函館の金森美術館 函館のSEC末広ビル >>