箱館元町の宿 饗場(きょうば)

c0112559_11173986.jpg


c0112559_11184015.jpg 明治の大火の後に建てられた住宅兼診療所だった明治末期の擬洋館。その後は個人の住宅、企業の寮、賃貸住宅、そして下宿元町ハウスを経て、修復・再現され民宿風の旅館「函館元町の宿 饗場」になっています。

 外観は開口部を含め改変されているそうですが、外壁は南京下見板張り。玄関が二つあるのは、診療所用(左)と住居用(右)でしょう。当時の函館の洋風指向を感じます。函館市の伝統的建造物に指定されている木造2階建て。

最新画像を追加します。2013.12.27

箱館元町の宿 饗場(きょうば)
旧饗場守三・住宅兼診療所 1909(明治42)年
設計・施工 : 不明
函館市末広町20-2
撮影 : 2009.9.22 & 23, 2013.8.29
c0112559_1118544.jpg
c0112559_1119266.jpg
 旧函館区公会堂から見下ろしたところにあります。
c0112559_11193577.jpg
c0112559_11194778.jpg
 左にある住宅は、データがないので新しいのでしょうが、スパニッシュ風の気になる建物でした。

こちらが2013年8月の写真です。↓
c0112559_1315982.jpg
c0112559_13152258.jpg

by gipsypapa | 2010-07-30 11:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14863662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-07-31 06:17
今回は、純洋館風ですね(笑)。
今は旅館として使われているんですか。
泊まってみたいですね。
Commented by gipsypapa at 2010-08-01 15:41
j-garden-hirasato さん、
今も泊まれるはずです。
行く前にはここも宿泊の候補に挙げていましたが、
最後には不義理をしてしまいました。
内部もレトロでよさそうです。
<< 高田印刷・高田末広堂 函館の日下部家住宅 >>