山田家住宅

c0112559_13365553.jpg
 八幡坂通の坂の途中にある住宅。とても住宅には見えませんが、それもそのはず。もともとは銀行として建てられたもので、後に洋裁学院として使われ、今は個人宅になり一部はバーとして再生活用されているようです。

 小ぶりながら銀行らしい古典主義的な外観で、中央に玄関もつ左右対称。その玄関ポーチには古典的な飾り柱を配し、ポーチ自体の両側に扉を持った北国らしい防寒仕様。軒飾りに花模様が連続して施されて、当時の華やかさを想像させます。函館市景観形成指定建造物の鉄筋コンクリート造り、2階建て半地下付き。

山田家住宅
旧函館無尽本店~旧北洋相互銀行~旧北海洋裁学院
1923(大正12)年
函館市景観形成指定建造物
設計・施工 : 不明
函館市末広町18-11
撮影 : 2009.9.23
c0112559_13375333.jpg
c0112559_1338118.jpg
c0112559_1338857.jpg
c0112559_13381389.jpg
c0112559_13382224.jpg
 坂の傾斜に沿って建てられたため、手前は玄関のレベルから見ると地下室になります。ここがバーのようです。
by gipsypapa | 2010-07-22 13:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14817598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-07-23 06:06
個人所有の建物ですか。
こういう建物を個人で持てたらいいですねえ。
憧れます。
維持管理が大変そうですね。
でも、個人で持てるということは、
それなりに資産があるということだから…。
余計な心配でした(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-07-25 21:22
j-garden-hirasato さん、
そうですね。維持費はかかるでしょうねぇ。
暖房費もかかりそうです。
よくわかりませんが函館市景観形成指定建造物なので、
市民税は優遇措置があるかも知れません。
<< 旧仁壽生命函館支店 北斗ビルディング >>