函館の和雑貨いろは

c0112559_1051023.jpg
 ザ・グラススタジオ・イン函館の横に建つ、明治末期の和洋折衷の店舗兼住宅。元は海産問屋の店舗として建てられたものだとか。一時はザ・グラススタジオ・イン函館の2号館だったことがありますが、今は和雑貨の店になっています。函館に多い、一階が和風で二階が下見板貼りの典型的な擬洋風建築で、右側に煉瓦のうだつ(卯建、いわゆる防火袖)があるのが特徴です。函館市伝統的建造物に指定されている木造2階建て。

和雑貨いろは
旧轟工業 1908(明治41)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市末広町14-2
撮影 : 2009.9.23 & 24
c0112559_10514622.jpg
c0112559_10515928.jpg
c0112559_1052996.jpg
c0112559_10521724.jpg

by gipsypapa | 2010-07-09 10:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14740207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-07-10 07:40
なかなか楽しそうなお店ですね。
掘り出し物がありそうです。
1階と2階で和洋が分かれているのは、
ほんと面白いですね。
函館以外にも、
こういうユニークな建物はあるんでしょうか。
卯建も何か取って付けたような…。
しかも、色まで…。
Commented by gipsypapa at 2010-07-10 19:29
j-garden-hirasato さん
函館に特有かもしれません。
勿論、似たような建物はないとは言えませんが
これだけ多いのは函館だけじゃないでしょうか。
これからもまだまだ出てくるのです。(^^;;
この卯建はもうひとつなので、
次に本格的なのを紹介します。
<< 函館の茶房旧茶屋亭 ザ・グラススタジオ・イン函館 >>