BAYはこだて

c0112559_1057344.jpg
 金森赤レンガ倉庫の並びに他のレンガ倉庫とは色が異なる倉庫2棟があります。1912(明治45)年ころに作られた運河風の掘割を挟んで1号館と2号館があり、こちらもレストランやショッピングモールとして使われています。金森倉庫のレンガはイギリス積みですが、こちらはフランス積み。

 掘割の両側が散歩道になっていて、ここも観光の名所。夏季には函館港内を約20分でクルーズする「金森ベイクルーズ」が、ここから出航しているそうです。

 「北海道の建築の宮大工と設計者」によると築年が1909(明治42)年、設計は文部省となっていますが、当時、日本郵船は民営企業(明治初期には国有会社の日本国郵便蒸気船会社)だったので、国の関与は考えにくく、採用していません。函館市伝統的建造物指定の煉瓦造り、平屋建て。

BAYはこだて
旧日本郵船倉庫
1912(明治45)年
函館市伝統的建造物
設計・施工 : 不明
函館市豊川町11-5
撮影 : 2009.9.23 & 24
c0112559_10595364.jpg
c0112559_1101477.jpg
c0112559_1102356.jpg
c0112559_1103153.jpg
c0112559_1104277.jpg
c0112559_1105019.jpg
c0112559_1105861.jpg
c0112559_111625.jpg
c0112559_1111574.jpg
1884(明治17)年に掘割に架けられた七財橋から見た金森倉庫群。
by gipsypapa | 2010-07-06 11:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14722144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 箱館高田屋嘉兵衛資料館 金森赤レンガ倉庫 >>