オベルジュ古稀庵はこだて

c0112559_21261872.jpg
 ベイエリアのすぐ裏手にある、函館でよく見かけた擬洋風の店舗建築。明治末期に建てられた海産業を営む渡辺商店の店舗でした。1階は純和風の町屋風で、2階には下見板張りに縦長上げ下げ窓が並びます。近接撮影をしなかったのが残念ですが、あとで写真を見ると軒下の持ち送りやその下に手が込んだ装飾があります。現在は宿泊設備とレストランになっています。手前のオベルジュ古稀庵附属土蔵とともに函館市伝統的建造物に指定された木造2階建て。

オベルジュ古稀庵はこだて
旧渡辺商店
函館市伝統的建造物
1909(明治42)年
設計・施工 : 不明
函館市末広町13-2
撮影 : 2009.9.24
c0112559_21271467.jpg
c0112559_21272728.jpg
 手前が附属土蔵。
by gipsypapa | 2010-07-04 21:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14712647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-07-04 23:13
ここまでキレイに修復されていれば、
お店として十分活用ができますね。
こういう店主さんがもっと増えれば、
まだまだ生き残れる建物も増えるんですが…。
Commented by gipsypapa at 2010-07-05 13:37
j-garden-hirasato さん
観光スポットのベイエリアのすぐ裏。
立地が良いせいでしょう、
明治とは思えないほどよく手入れされています。
この一角には同じような店舗が数多くありました。
<< 函館の金森赤レンガ倉庫 函館昆布館 >>