函館の岩崎家住宅店舗

c0112559_13521724.jpg
 小ぶりながら函館らしい大正末期の店舗兼住宅。1階が町屋風の和風で、2階の住宅部分はライトブルーの下見板貼りに3連の縦長窓が並ぶ擬洋風です。10年ほど前に外壁の改修工事が行われたそうです。函館市景観形成指定建造物の木造2階建て。

岩崎家住宅店舗
1924(大正13)年
函館市景観形成指定建造物
設計・施工 : 不明
函館市弥生町8-16
撮影 : 2009.9.23
c0112559_1353139.jpg

by gipsypapa | 2010-06-13 13:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14577955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-06-14 06:55
思わず、笑ってしまいました。
いいなあ。
「和と洋、合体!」ですね。
色もまた、個性的過ぎます(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-06-14 11:32
j-garden-hirasato さん、
可愛いですよね。
外壁は周辺の多くの建物が、一種のプロジェクトとして
同時期に塗り替えられたそうなので、
ここもその一環かもしれません。
函館シリーズでは、似たような建物がまだまだ出てきます・・・
<< 旧函館市立弥生小学校 函館の天神町会館 >>