天神町会館

c0112559_1132987.jpg
 函館旧ロシア領事館に向かって幸坂を上っていた時に見つけた建物と煉瓦塀。煉瓦に「天神町会館」という表札がありました。ただし、複雑に入り組んだ建物の、どこまでが天神会館なのかは定かではありません。一部は一般住宅の可能性もあります。2階建部分に2か所の張り出しがあるのがユニークです。築年は不明ですが、明治末期か大正初期のような気がします。フランス積みの煉瓦塀も同じく古そうです。木造2階建て。

天神町会館
築年 : 不明(明治末期?)
設計・施工 : 不明
函館市弥生町8-9
撮影 : 2009.9.24
c0112559_11324844.jpg
c0112559_11325623.jpg
 向こう側には古そうな蔵もあります。
c0112559_11332120.jpg
c0112559_11333581.jpg
 路地の奥に見える和風の建物もベイウィンドウのような庇のある張り出し窓。
by gipsypapa | 2010-06-11 11:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14564815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-06-14 06:58
衛星放送のアンテナといい、
まだ現役の建物のようですね。
長屋のようですが、
外観がかなりくたびれてきています。
そろそろ手も入れないと。
Commented by gipsypapa at 2010-06-14 11:29
j-garden-hirasato さん、
> 外観がかなりくたびれてきています。そろそろ手も入れないと。
かなり特殊な形状で、貴重な建物と思っていますが、
ネット情報はほとんど見つかりません。
函館の他の建物のように、
外壁にカラフルな塗装をしたら、もっと注目されるでしょうね。
<< 函館の岩崎家住宅店舗 高田木材店 >>