旧大洋漁業事務所

c0112559_10581918.jpg
 ライトブルーと白の対比が美しい、函館の典型的な擬洋風建築。1階の端にある玄関とその横に並ぶ窓の配列は、やはり元々事務所だったことを想像させます。一方、2階は洋風下見板貼りの住居スペースだったのでしょう。現在は個人の住居です。木造2階建て。

旧大洋漁業事務所
1913(大正2)年ころ
設計・施工 : 不明
函館市大町8
撮影 : 2009.9.23
c0112559_10592476.jpg
c0112559_10593286.jpg

by gipsypapa | 2010-06-02 11:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14505211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-06-03 06:02
何か不思議な建物だなあ、
と思ったら、
「擬洋風建築」って言うんですか。
このネーミングに、
妙に納得です(笑)。
この中途半端さにも、
なぜか惹かれます。
Commented by gipsypapa at 2010-06-03 09:36
j-garden-hirasato さん、
このようなカラフルな板張りの建物も
函館の一つのパターンでした。
この建物は住宅専用ではないので
少し変わっていますね。
<< 函館の橋谷家住宅・旧店舗 茶房「蔵」 >>