ホテルニューハコダテ

c0112559_1144924.jpg
 今日から函館をやります。昨年9月に2泊3日で行ってきました。典型的な坂のある港町。町全体がレトロな雰囲気で、あまりにも見どころが満載で、時間の制約から行きたくても行けなかったところや、地理の不案内があって、すぐ近くまで行って見逃したものが数多くあります。それでも紹介する建物の数が多いので、函館シリーズはかなり長くなりそうです。なお、函館訪問に当たっての予備調査は、時々このブログにコメントを頂いているsy-f_ha-ys さんの「関根要太郎研究室@はこだて」をおおいに参考にさせていただきました。

 まずは2泊したホテルニューハコダテから。建物自体が昭和初期の築で、観光の中心、赤レンガ倉庫群が建ち並ぶウォーターフロントの傍にあることもあってここにしました。

 昭和初期に建築された富士銀行(旧安田銀行)函館支店の重厚な石貼りの外壁をそのまま残した、銀行らしい堂々とした外観です。通りに面して4本のトスカナ式のオーダーに囲まれる縦長アーチ窓。また軒周りに雷紋模様のある安田銀行スタイルと言われる外観とか。

 実はアップしようとしてネット検索をしていたところ、今年の1月20日付けで閉館されていたことがわかりました。元銀行の内装を改造したため、ホテルとしての機能にはやや不十分なところもありましたが、レトロな建物のファンとしては続けて欲しかったと思います。なお、ホテルニューハコダテのHPはまだ存在していますが、確かに予約は受け付けていません。まさか取り壊されることはないと思いますが、今後の行方が気になるところです。函館市景観形成指定建造物の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

ホテルニューハコダテ
旧安田銀行/富士銀行函館支店
1932(昭和7)年
函館市景観形成指定建造物
設計 : 安田銀行営繕係
施工 : 大林組
函館市末広町23‐9
撮影 : 2009.9.22 & 23
c0112559_117225.jpg
c0112559_117946.jpg
c0112559_1171667.jpg
c0112559_1172325.jpg
c0112559_117319.jpg
c0112559_1174095.jpg
c0112559_117518.jpg
c0112559_1175967.jpg
c0112559_118973.jpg
c0112559_1182136.jpg
c0112559_1183136.jpg
c0112559_1184147.jpg

by gipsypapa | 2010-05-11 11:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14356020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-05-12 20:33
ホテルの外観らしくないし、
もともとは銀行だったんですね。
それをホテルに、
なんて素敵なことかと思っていたら、
閉館。
何ででしょう。
自分、泊まりたいですよ。
他にも、こういう人間、いると思いますが…。
残念です。
Commented by gipsypapa at 2010-05-13 22:51
j-garden-hirasato さん、
同感です。
函館に行くきめたらこういう宿泊設備を選んでしまいます。
もったいないけど泊まろうという人が少なかったからでしょうから、
仕方がないのでしょうが、あまりにもったいないです。

ところで私は仕事で韓国です。
函館シリーズを更新したいのですが、
ホテルの通信事情はさすがに問題ないのですが、
忙しくて暇がありません。
週末に帰国してから更新します。
<< 函館旧ロシア領事館 蒲郡の伊藤珈琲店 >>