蒲郡プリンスホテル

c0112559_1154960.jpg
 岡崎市から南下して三河湾にある蒲郡市へ。

 昭和初期に外国人誘致の一環として、鉄道省観光局が横浜、雲仙、大津とともに建てた鉄道省認定の国際観光旅館「蒲郡ホテル」が前身で、現在は「蒲郡プリンスホテル」としてプリンスホテルが営業しています。

 日光金谷ホテル、冨士屋ホテル、奈良ホテルなどと同様のコンセプトで計画されたもので、帝冠様式といえる城郭風の大規模で格調高い外観。内部はアールデコ様式の内装・調度品が洋風を強調する、外国人を強く意識した設計です。何度か改装されているはずですが、当時の姿をよく残していて、古き良き時代を感じさせるホテルです。国の近代化産業遺産(経済産業省)に指定された鉄筋コンクリート造り4階建て、地下1階

 設計は当時の鉄道省技師だった久野 節(くの みさお)と陸軍建築技師だった村瀬国之助。
久野 節は大阪府出身の建築課で、佐倉高等学校記念館、(元本館)、国光生命保険相互会社東京本店ビル、大阪鉄道病院、南海ビルディング、東武ビル・松屋、浅草雷門駅(現浅草駅)、近鉄宇治山田駅、福原ビル、三国丘高校同窓会館、東京競馬クラブ府中競馬場、日本橋クラブ、堺市役所など数多くの公共施設を手掛けました。村瀬国之助についてはデータが少なく、同じ愛知県江南市の滝学園本館と講堂を設計した人です。

蒲郡プリンスホテル
旧蒲郡ホテル 1934(昭和9)年
近代化産業遺産
設計 : 久野節+村瀬国之助
施工 : 大林組
蒲郡市竹島町15-1
撮影 : 2009.7.24
c0112559_11575799.jpg
c0112559_11588100.jpg
c0112559_11583468.jpg
c0112559_11584491.jpg
c0112559_11585662.jpg
c0112559_1159793.jpg
c0112559_11592553.jpg
c0112559_11593588.jpg
ロビーは吹き抜けの空間で、時代を感じさせる昔のままの暖炉やラディエータなのど調度品。適度な照明がクラシックな雰囲気を醸し出しています。
c0112559_1201882.jpg
c0112559_1203161.jpgc0112559_1204261.jpg














昔のままのエレベーターのアナログインディケーター。
c0112559_1213164.jpg
c0112559_1214188.jpg
c0112559_1215846.jpg
c0112559_122839.jpg
c0112559_122175.jpg
c0112559_1222754.jpg
2階は回廊が吹き抜けを取り巻いています。素晴らしいシャンデリアに浮かび上がる漆喰いに刻まれたアールデコ調のレース模様。
c0112559_1231220.jpg
c0112559_1232345.jpg
 2階の喫茶室はテラスにもテーブルがあり屋外に出ることができます。
c0112559_124449.jpg
c0112559_12415100.jpg
c0112559_1242423.jpg
c0112559_1243340.jpg
メインダイニング。壁や梁にアールデコ調の装飾が施され、天井は白と茶の色使いのコントラストが美しい。
c0112559_1251925.jpg
c0112559_1252849.jpg
こちらは1階の会議室。女性服の展示会が行われていました。
c0112559_126417.jpg
ホテルから観光地で島全体が天然記念物に指定されている竹島が眼下に見えます。
c0112559_1264243.jpg

by gipsypapa | 2010-05-02 12:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14292692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-05-02 20:55 x
昨年思い切って宿泊しました。
夜のロビー吹き抜け、素晴らしかったです。
昼は結婚式が行われていました。
こんな素敵なホテルで結婚式。
うらやましい限りです。
Commented by gipsypapa at 2010-05-03 12:19
和さん、
お泊りとはうらやましい。
さすがに内装は見所一杯ですよね。
私は例のごとくお茶でした。
ということで、夜のロビーは見れませんでしたが
想像しただけでも美しそうです。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-05-03 13:53
さすが「外国人誘致の一環」として建てられただけあって、
立派な建物です。
内装の造りも超一級ですね。
窓枠のサッシは近年に改修されたんでしょうか。
最近のものですね。
Commented by gipsypapa at 2010-05-05 09:29
j-garden-hirasato さん
はい、さすがに素晴らしいホテルです。
特に内装はかなり凝ったデザインですね。
窓枠は最近の改修によるものでしょう。
時期はよくわかりませんが、
竹中工務店が請け負ったそうです。
<< 海辺の文学記念館 愛知県立農業大学校資料室 >>