岡崎市北部公会堂

c0112559_1258692.jpg
 地方の公民館や役所に多く見られる戦前の木造下見板張りの建物。元は市役所に付帯する市議会議場でした。一時、取り壊しが検討されましたが、岡崎市教育委員会が保存することに決定。市役所の移転に伴い、昭和45年に現在地に移築されて北部公会堂として活用されています。ただし、将来的にどうなるのかは不明なようです。木造2階建て。

岡崎市北部公会堂
旧岡崎市議会議場
1940(昭和15)年
設計・施工 : 不明
岡崎市井田町1-109-4
撮影 : 2009.7.24
c0112559_12595897.jpg
c0112559_130631.jpg
c0112559_1301795.jpg
c0112559_1302579.jpg
c0112559_1303319.jpg
c0112559_1304357.jpg
 外観は古ぼけて見えますが、内部の講堂部分は床が新しく貼り替えられ、内部から鉄筋コンクリートの補強がされているようです。使い続けられたらいいですね。
by gipsypapa | 2010-04-28 13:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14265809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-29 06:16
とりあえず、
使用休止状態なんですか。
もったいないですね。
外壁を塗装すれば、
まだまだ使ってもらえそうですが。
Commented by gipsypapa at 2010-04-29 20:08
j-garden-hirasato さん、
あまり頻繁に使われている様子は感じませんでした。
外壁がいかにも放置されている雰囲気で(笑)
せめて白の塗装をしたら雰囲気は全く変わると思います。
<< 愛知県立農業大学校講堂(追進館) 岡崎市郷土館収蔵庫 >>