岡崎市郷土館収蔵庫

c0112559_1039634.jpg
 公会堂に向って左側奥(南東側)にある、こじんまりした建物。旧額田郡公会堂建設と同時期に、その北側に額田郡物産陳列所として建てられました。 その後、本館が岡崎市郷土館として公開される際に現在地へ移築され、現在は収蔵庫として保存、活用されています。(内部は公開されていません)

 様式主義を意識した旧額田郡公会堂とはうって変わって、白とライトブルーの明るい色使いの外壁に、四つ葉のクローバー型の明り取り花窓をあしらい、妻面を半円アーチで飾るなど、軽快な洋風のデザインです。設計は旧額田郡公会堂と同じく吉田栄蔵と推定されています。国の重要文化財の木造平屋建て。

岡崎市郷土館収蔵庫
旧額田郡物産陳列所 1913(大正2)年
重要文化財
設計 : 吉田栄蔵?
施工 : 不明
岡崎市朝日町3-36-1
撮影 : 2009.4.3
c0112559_1040622.jpg
c0112559_10401399.jpg
c0112559_10402112.jpg
c0112559_10402851.jpg
c0112559_10403575.jpg
c0112559_10404515.jpg
c0112559_10405457.jpg
c0112559_1041418.jpg
c0112559_1041139.jpg
 関連は不明ですが、敷地内にある鬼瓦。いずれも江戸時代の本宗寺庫裡と随念寺本堂の鬼瓦だそうです。
by gipsypapa | 2010-04-27 10:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14258079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-28 07:08
四葉のクローバーみたいなデザインに、
外壁の色合いが、
おしゃれでいいですね。
このころの洋館の塗装って、
色は鮮やかなんですが
派手過ぎず、で素敵ですね。
Commented by gipsypapa at 2010-04-28 12:56
j-garden-hirasato さん、
当初は物産陳列所として建てられたので、
明るい雰囲気ですね。
かなり凝ったデザインで面白いです。
<< 岡崎市北部公会堂 岡崎市郷土館本館 >>