六供浄水場ポンプ室

c0112559_13301363.jpg
 これも六供浄水場にある昭和初期の建物。ポンプ室は全面に淡い褐色の縦長タイルを貼り、要所にテラコッタの装飾を使用。角に丸みを持たせた軽快な印象を感じます。小さいながらステンドグラスがあるなど、こだわりの設計です。配水塔が岡崎市都市景観環境賞を受賞していますが、こちらは何も指定されていません。配水塔は遠くから見えるために受賞したのでしょうが、意匠的にはこのポンプ室のほうが優れていると思いました。鉄筋コンクリート造り、平屋建て、地下1階。

六供浄水場ポンプ室 1933(昭和8)年
設計 : 岡崎市臨時上水道部
施工 : 伊藤正次・田中昌司(ステンドグラス)
岡崎市六供町西二本木28
撮影 : 2009.4.4
c0112559_13311033.jpg
c0112559_13311787.jpg
c0112559_1331247.jpg
c0112559_13313279.jpg
c0112559_1331388.jpg
c0112559_13314867.jpg
c0112559_13315587.jpg
c0112559_1332310.jpg
c0112559_13321171.jpg
c0112559_13322035.jpg
c0112559_13322983.jpg
c0112559_13323838.jpg
c0112559_13324798.jpg
c0112559_1332588.jpg
c0112559_1333680.jpg

by gipsypapa | 2010-04-22 13:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14224278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-23 06:19
機械室なのに、
よくぞここまで、という感じです。
凝ってますね。
今なら、事業仕分けの対象に(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-04-23 08:27
j-garden-hirasato さん、
大正から昭和初期にかけての公共施設は
お金がかかりそうな凝った建物が多いですね。
時代の違いでしょうが、
当時の方が、政治も生活もゆとりがあったような気がしてなりません。
<< 岡崎信用金庫資料館 六供浄水場配水塔 >>