八丁味噌本社事務所

c0112559_10114413.jpg
 今日から名古屋市の東にある岡崎へ行きます。

 矢作川の東、徳川家康の生誕地、岡崎城より西へ八丁はなれた八帖町(旧八町村)に、江戸時代初期から、ここで伝統の味噌造りを守り続け、「カクキュー」の商号で知られる合資会社八丁味噌の本社社屋があります。敷地の中にある資料館を含め「八丁味噌の郷」として一般開放されていて、見学することができます(無料)。

 一見、教会風の建物が2棟並び、南側の1階建てが事務所、北側の2階建ては応接室、倉庫などに使われています。白い柱と壁面の下見板の濃茶色との対比が特徴で、昔ながらの蔵のようでありながら洋風を取り入れた、興味深い意匠です。登録有形文化財の木造平屋建て(南棟)、2階建(北棟)。

八丁味噌本社事務所
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
岡崎市八帖町往還通69
撮影 : 2009.4.4
c0112559_1014264.jpg
c0112559_10143413.jpg
c0112559_10144128.jpg
c0112559_10144847.jpg
c0112559_10151699.jpg
 ここまでは正面。見学のため敷地に入ると裏側が見えます。
c0112559_10154521.jpg
c0112559_10155476.jpg
c0112559_1016153.jpg
c0112559_10161259.jpg
c0112559_1016211.jpg
c0112559_10163050.jpg
 この小さな建物は昔の守衛詰所のようです。
c0112559_10165799.jpg
 見学すると八丁味噌のお土産がもらえます。愛知県では広く八丁味噌が使われていて、名古屋では味噌カツや味噌煮込みうどん、きしめんなどがポピュラーです。色も濃いが味も濃い、独特の食文化が形成されているのは、この八丁味噌の伝統でしょう。
by gipsypapa | 2010-04-19 10:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14201399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-20 06:48
ここは、
職場の旅行で知多半島に行ったとき、
寄りました。
当時はまだ、
レトロな建物にそれほど興味がなかった時期で、
また、職場の旅行ということもあり、
建物の写真、あまり撮りませんでした。
今から思うと、
実にモッタイナイことをしました(涙)。
Commented by gipsypapa at 2010-04-20 11:03
j-garden-hirasato さん、
へえ、行かれたことがあるのですね。
味噌造りの見学だけだったら、
印象が薄いかもしれません。
私は建物を見たくて訪ねたので
展示などはそこそこに見ただけです。
<< 八丁味噌本社蔵(資料館) 揚輝荘 三賞亭 >>