揚輝荘 三賞亭

c0112559_166666.jpg
三賞亭(さんしょうてい)は、松坂屋初代社長の伊藤次郎左衞門祐民(すけたみ)氏が揚輝荘を造るときに、茶屋町の自邸にあったものを移築改修したもので、揚輝荘最初の建物です。池に面していて、座敷から障子戸を開けると、全面に池と白雲橋の眺めが目に入るようになっています。床脇にある大きな障子のある丸窓も、池の眺めを意識したものでしょう。壁は砂壁塗り、天井は杉柾板。現在も茶会が開かれるようです。名古屋市登録有形文化財の木造平屋建て。

揚輝荘 三賞亭
1918(大正7)年移設
名古屋市登録有形文化財
設計・施工 : 不明
名古屋市千種区法王町2-5-21
撮影 : 2009.7.24
c0112559_1673082.jpg
c0112559_1674449.jpg

by gipsypapa | 2010-04-18 16:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14195640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-19 06:00
外観は少々草臥れていますが、
初代社長の思い出の自宅なんですね。
建物の中も見学できるんですか。
Commented by gipsypapa at 2010-04-19 10:08
j-garden-hirasato さん、
座敷に上がれるかどうか、
忘れてしまいましたが、
開け放たれていたのは間違いありません。
<< 八丁味噌本社事務所 揚輝荘 白雲橋 >>