名古屋陶磁器会館

c0112559_10122752.jpg
 レトロ建築が多く残っている主税町から、下街道を東に渡ったところにある名古屋陶磁器会館。当初は名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として建てられました。ここ東区一帯は、明治初期から多治見・瀬戸産の白地の磁器に海外向けの絵付けを施して輸出する、輸出陶磁器産業が盛んでした。その後、昭和8~9年頃には日本全輸出陶磁器の80%を生産していたそうです。現在はデザイン関係のテナントが入っていますが、1階がギャラリーになっていて、かつて輸出された陶磁器製品が数多く陳列され、一般開放(無料)されています。

 建物は、淡い褐色のスクラッチタイル貼りの外観に、アーチ窓や幾何学的なモチーフを用いた質の高いデザイン。また内部もアールデコ調の雰囲気が残り、並べられた陶磁器と調和していました。なお、3階は戦後に鉄骨造りで増築されたものです。

 設計者は鈴木禎次の門下で、名古屋高等工業学校教授だった鷹栖一英(たかのす いちえい)。名古屋の表現主義建築を代表する建築家でした。実施設計と監理は丹羽英二(現在も名古屋に建築事務所がある)が行い、名古屋市の志水建築業店が施工した、登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨造り)、3階建て。

名古屋陶磁器会館
旧名古屋陶磁器貿易商工同業組合事務所
1932(昭和7)年/1946(昭和21)年増築
登録有形文化財
設計 : 鷹栖一英+丹羽英二
施工 : 志水建築業務店
名古屋市東区徳川1-10-3
撮影 : 2009.7.23
c0112559_10142856.jpg
 北側の正面。
c0112559_10143689.jpg
 
c0112559_10144348.jpg
 西側面。
c0112559_10145195.jpg
c0112559_1021430.jpg
 南側(裏)。
c0112559_10172087.jpg
c0112559_10173043.jpg
c0112559_1017382.jpg
c0112559_10174813.jpg
c0112559_10175768.jpg
c0112559_1018915.jpg
c0112559_10181944.jpg
c0112559_10183069.jpg
c0112559_10184066.jpg
c0112559_1018508.jpg
c0112559_10185827.jpg
c0112559_1019996.jpg
c0112559_10191780.jpg
c0112559_10192654.jpg
c0112559_10193466.jpg

by gipsypapa | 2010-04-09 10:22 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14130770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-10 06:00
窓が多くて、
しかも、いろいろな形があって、
それがおもしろいですね。
窓枠も昔のまま、
味わい深いです。
Commented by gipsypapa at 2010-04-10 22:23
j-garden-hirasato さん、
名古屋のビル建築のなかでも出色だと思います。
それがほとんど手つかずで、
昔の石を継いで使われ続けているのが嬉しいです。
Commented by jobi at 2010-04-12 21:02 x
偶然このビルの前を通りました!
夜でしたので建物からもれる明かりが素敵で思わず足を止めました。ここです!
翌日は日中に見ましたが、やはり夜景の方が素敵でした。
ステンドグラスや電灯の明かりが温かさを感じますね。
機会があったら夜も訪れてみてください。
いつも素敵な画像を見せていただくのを楽しみにしています。
Commented by gipsypapa at 2010-04-13 09:49
jobi さん、
なるほど、夜景もよさそうですね。
名古屋には時々出かけますが、
この近くに宿泊することがあったら見てみたいです。
情報ありがとうございました。
<< 名古屋市徳川のA邸 名古屋市立筒井小学校 >>