カツラギ医院

c0112559_9553776.jpg
 東区の筒井町にある医院建築。一部に使われているスクラッチタイルの外壁や、多様な経常の縦長窓に丸窓をあしらった、昭和初期の典型的な近代建築です。垂直に並ぶ壁柱や水平線を強調した2階部分の軒の形状はフランク・ライトの影響を感じます(特に2枚目の写真)。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

カツラギ医院
1930~31(昭和5~6)年
設計・施工 : 不明
名古屋市東区筒井町4
撮影 : 2009.7.23
c0112559_956307.jpg
c0112559_9563825.jpg
c0112559_9564539.jpg
c0112559_9565260.jpg
c0112559_957029.jpg
c0112559_957968.jpg
c0112559_9571626.jpg
 モダンで優れたデザインの建物ですが、当初にはなかったと思われる、玄関や窓のテント地の日除けは違和感があります。なんとかなりませんかね。
by gipsypapa | 2010-04-07 09:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14116186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-08 06:17
確かに、
テントはいただけませんね。
せっかくの建物の良さが台無しです(笑)。
でも、
そのギャップがおもしろいです。
Commented by gipsypapa at 2010-04-08 10:02
j-garden-hirasato さん、
病院じゃなく、美容院のようです。(笑)
一般には暗い病院のイメージを変えようとした発想ですか。
<< 名古屋市立筒井小学校 南山学園近くの洋館 >>