南山学園ピオ11世館

c0112559_9521087.jpg
 南山学園の一角にあるピオ11世館は、神言会の修道院として戦後に建築されました。今は、南山短大の事務室や教室として使われています。

 明らかにライネルス館の意匠を継承した外観で、戦後の建物の割には、レトロな印象を受けます。ライネルス館と一緒に名古屋市都市景観重要建築物に指定された、鉄筋コンクリート造り、地上4階、地下1階。

南山学園ピオ11世館 1953(昭和28)年
名古屋市都市景観重要建築物
設計 : 日建設計
施工 : 不明
名古屋市昭和区南山町1-1
撮影 : 2009.4.4
c0112559_9531454.jpg
 南山学園にはもう一つ、名古屋市都市景観重要建築物指定の、1951(昭和26)年に建てられた講堂(設計:清水建設)がありますが、雨が止まず、探索をあきらめました。
by gipsypapa | 2010-04-05 09:54 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14101031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-06 05:43
こちらの方がヒンデルっぽいかも。
中央の台形の出っ張り部でそう思います。
(建物に関しては、ど素人なので、ご勘弁)
個人的には、
曲線が多様されているデザインが好みですが、
全く曲線がないというのも、
また、おもしろいものです。
Commented by gipsypapa at 2010-04-06 13:43
j-garden-hirasato さん、
確かにこっちの方がヒンデルらしいです。
元々は修道院らしいのですが、
あまりそんな感じは受けませんが、
色のせいかも知れませんが、
重厚感があります。
<< 南山学園近くの洋館 南山学園ライネルス館 >>