旧加藤商会ビル

c0112559_13595664.jpg
今日からしばらく愛知県をやります。まずは名古屋市から。

 名古屋のメインストリートの一つ、広小路通りと堀川が交差する位置に架かる納屋橋の北東、川沿いに建つ昭和初期築のビル。東南のコーナーにアールを持たせた正面玄関があります。c0112559_1411468.jpg通りからは3階建てに見えますが、堀川に面する西面は地下室を見せて4階建になっています。一階は石貼り、2階以上には煉瓦調のタイルを貼って変化を持たせた外観。最上部やアール部分の柱頭飾りなどが印象的です。

 当初は外米などの輸入貿易会社だった加藤商会の本社ビルとして建てられ、1935(昭和10)年から1945(昭和20)年まで当時のシャム国、現在のタイの領事館事務所でした。その後、中埜産業株式会社が事務所や倉庫としての使用をしましたが、ビル全体が看板で覆われ、長い間広告塔のようになっていたそうです。2003(平成15)年から始まった、名古屋市による堀川周辺の環境整備の一環として修復改修され、2005(平成17)年に、地上部分はタイ料理「サイアムガーデン」、地下部分は「堀川ギャラリー」としてオープンしました。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階建て。

旧加藤商会ビル
旧加藤商会ビル (シャム領事館)  1931(昭和6)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
名古屋市中区錦1-15-17
撮影 : 2009.4.3
c0112559_1413264.jpg
c0112559_1414067.jpg
 地上部分はタイ料理「サイアムガーデン」。昔はシャム領事館だったので、タイ料理のレストランが誘致されたのでしょう。
c0112559_1421072.jpg
c0112559_1421786.jpg
c0112559_1422869.jpg
c0112559_1423670.jpg
c0112559_1424498.jpg
c0112559_1425922.jpg
c0112559_1431097.jpg
 堀川沿いに納屋橋に近付くと地下室部分が見えるため、4階建のようです。
c0112559_1434937.jpg
c0112559_144068.jpg
c0112559_1441164.jpg
 地下部分は「堀川ギャラリー」。堀川の環境・歴史・文化に関する情報や絵画が展示されていました。
c0112559_1444554.jpg
 周辺は市民の水辺の遊歩道として整備されています。
by gipsypapa | 2010-03-31 14:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14065443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-04-01 21:30
この建物だけ、
ポツンとあるんですね。
名古屋で、
こういう建物が残っているとは思いませんでした。
若い人たちにとって、
こういう建物は、
近代的な建築物と同じように新鮮なのかもしれません。
Commented by gipsypapa at 2010-04-02 10:18
j-garden-hirasato さん、
空きビルになって荒れていたものを
こういう風に再生して、ランドマークにするという、
嬉しい例です。
水辺の整備と一体となって、存在価値が生まれたのでしょうね。
<< 西大須ビル 島原観光 >>