中野金物店主屋

c0112559_9321525.jpg
 島原街道の西側にある大正初期の2階建。建物にはこれという特徴はありませんが、南側にある煉瓦造りの防火壁・卯建(うだつ)が見どころです。国の登録有形文化財の木造2階建て。

中野金物店主屋
大正初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
島原市上の町906
撮影 : 2009.5.19
c0112559_933279.jpg
c0112559_933994.jpg
c0112559_9331677.jpg
c0112559_9332355.jpg

by gipsypapa | 2010-03-25 09:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/14021410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-03-26 06:50
レンガ積みの卯建は珍しいですね。
でも、
隣りとの境を目一杯強調しただけのように、
見えなくもないですね(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-03-26 11:02
j-garden-hirasato さん、
煉瓦の卯建は何箇所かで見たことがあります。
むしろ j-garden-hirasato さんが海野宿で紹介された
形の方が珍しいと思いますよ。
<< 猪原金物店 まちの寄り処 森岳 >>