雲仙観光ホテル

c0112559_16464668.jpg
 雲仙でバスを途中下車した目的は雲仙観光ホテルです。c0112559_1651787.jpgクラシックホテルの代表作のひとつ。いつものように、ここでお茶を飲んで中も見ようという魂胆でした。
 3階妻面のハーフティンバーに1階は雲仙の溶岩石を貼り、2階は丸太を使ったログハウス風。スイスの山小屋を思い出させるような、格調高いお洒落なホテルです。
エントランスを中心として両翼に伸びる客室を持つ外観は、重厚さも感じました。内装は山小屋風手斧仕上げの木を使い、絨毯やカーテンに英国のウィリアム・モリス製の織物を使うなど、高級感あふれる空間を作っています。

 設計は竹中工務店の早良俊夫(1913-1982)。竹中工務店には、藤井厚二と同期入社で、設計部にあって、初期に50を越える数多くの多彩な作品を生み出しています。作風は、様式主義を基本としつつ、初期モダニズムのさまざまな造形を試行し、インターナショナル・スタイルまで展開したといわれています。c0112559_16515039.jpg現存作品としては、神戸のジェームス邸(1934年)が有名です。登録有形文化財の木造一部鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階建て。

雲仙観光ホテル
1935(昭和10)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計 : 早良俊夫(竹中工務店)
施工 : 竹中工務店
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
撮影 : 2009.5.19
c0112559_16531450.jpg
c0112559_16532835.jpg
c0112559_16533954.jpg
c0112559_16535023.jpg
c0112559_16541269.jpg
c0112559_16542261.jpg
 アルプスのロッジのような自然に溶け込んだ建物です。
c0112559_16573551.jpg
c0112559_16574588.jpg
c0112559_1657561.jpg
c0112559_1658897.jpg
c0112559_16582048.jpg
c0112559_16583160.jpg
c0112559_16585095.jpg
広々としたエントランス・ロビー。天井は低いのですが、巨大な木梁が見ものです。
c0112559_16593757.jpg
c0112559_16594795.jpg
数段のステップを上がったところにあるバー。
c0112559_1702546.jpg
c0112559_1703526.jpg
c0112559_170479.jpg
c0112559_171410.jpg
見どころの一つである大食堂。ここはRC梁と木根太の天井が不思議な雰囲気を醸し出しています。
c0112559_1715873.jpg
c0112559_172835.jpg
エントランスの正面には3階まで続く階段が目を引きます。この階段の木部は手斧仕上げ、床はウイリアム・モリスの絨毯が使われています。
c0112559_1725022.jpg
c0112559_173166.jpg
c0112559_1731039.jpg
2階の客室も格調高い木製のドア。
c0112559_174050.jpg
c0112559_1741289.jpg
 テラスは山小屋風です。
c0112559_1744134.jpg

by gipsypapa | 2010-03-12 17:08 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13929920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-03-13 23:30
建物の中も重厚ですね。
設計する段階で、
そういうところまで考えているものでしょうか。
外観と内部のデザイン、
両方で一体の建物なんですね。
正面の造作は、実におもしろいです。
正面からは緩い築山、
視点を変えると日本庭園のような石組。
こういう演出もニクイですね。
Commented by jobi at 2010-03-14 22:16 x
ウイリアム・モリスの絨毯があるのですね。彼のデザインで幾何学模様というのは初めてみました。細部にわたって重厚な造りで見とれてしまいました。ちょっと遠くて行けませんが、お写真を見せて頂き堪能しました。いつか行ってみたいです。
Commented by gipsypapa at 2010-03-15 21:40
j-garden-hirasato さん、
設計者はまず間違いなく、内装と外観に配慮しながら
建物全体の使用目的を意識しているはずです。
外人向けの避暑地という立地と、周囲の風景にはまるように
考えたでしょうね。
最後の写真のように正面の長い並木道を通ってホテルに着く
という演出が見事です。
Commented by gipsypapa at 2010-03-15 21:43
jobi さん、
偉そうに書きましたがウイリアム・モリスの絨毯というのは後で知りました。
良くご存じですね。
当時は世界的に知られていた織物の会社らしいのですが、
今でもあるのか・・・
ともあれこのホテルは一見の価値はあります。
機会があれば立ち寄ってください。
Commented by iris304 at 2014-06-22 12:16
こんにちは

なんて素晴らしい建物でしょう??
夢の様なホテルですね。
長崎に行く時は 他を我慢しても
こちらへ行ってみたいと思いました。
他の記事もゆっくり拝見させて頂きます。
ありがとうございました。
Commented by gipsypapa at 2014-06-22 21:10
iris304 さん、
こんばんは。
昭和10年なので、比較的新しいこともあって
金谷ホテルや富士屋ホテルほど有名ではありませんが
一級品のクラシックホテルです。
ぜひ長崎旅行の時はお立ち寄りください。
車でなくともバスがありますので
そんなに不便ではありません。
周りの温泉も本格的です。

<< 青い理髪館 雲仙温泉 >>