大浦天主堂

c0112559_13273692.jpg
 江戸末期に建てられたゴシック風の日本最古の教会で、長崎では最も有名な建物の一つ。知る限り日本で唯一国宝に指定されている洋風建築です。

在留外人のための教会として建てられ日本26聖殉教者天主堂と呼ばれました。豊臣秀吉によって処刑された、ペドロ神父、パウロ三木ら26人の殉教者を顕彰したもので、大浦天主堂という名称は、地名を付ける日本の習慣に従った通称です。c0112559_13292695.jpg

 フランス人宣教師ジラール、プチジャン両神父の設計図をもとに、プチジャン神父の指導により、天草出身の棟梁・小山秀之進(後の小山秀)が施工しました。

 当初は木造の天主堂でしたが、明治12年(1879)に改修・増築を行い、外壁を煉瓦構造にするとともに、間口を左右に広げ、奥行きも深くして当初の2倍の大きさに拡張。典型的なゴシック建築様式になりました。現在の天主堂は原子爆弾の被害を受けたため、戦後日本政府の援助により、5年をかけて修復したものです。

 煉瓦の表面に白い漆喰塗が施された美しい外観。内部は高い天井はゴシック建築の特徴の一つであるリブ・ヴォールト*(別名 こうもり天井)になっています。当時のステンドグラスと復元されたものとが混在しているそうで、差し込む光が幻想的で荘厳な祈りの空間をつくっていました。国宝の煉瓦造り(一部木造)、平屋建て、鐘楼付き。

(*石やレンガで天井やアーチをつくる場合は、ブロック状に加工した石やレンガを上方の中央部をアーチ状に積んで崩れ落ちないようにしています。この構造をヴォールト天井といいますが、これにリブと呼ばれるアーチ状の筋をつけたものがリブ・ヴォールト。鉄川与助設計の天主堂にも多く見られます)

大浦天主堂(日本二十六聖殉教者天主堂)
1864(元治元)年 / 1879(明治12)年改修・増築
国宝
設計 : ジラール神父+フューレ神父、
施工 : プチジャン神父(指導)、小山秀之進
長崎市南山手町5-3
撮影 : 2009.5.18
c0112559_13295328.jpg
c0112559_13301186.jpg
c0112559_13303166.jpg
c0112559_13304615.jpg
c0112559_1331342.jpg
c0112559_13312390.jpg
c0112559_13314187.jpg
c0112559_13315875.jpg
c0112559_13322335.jpg
c0112559_13324681.jpg
c0112559_1333813.jpg

by gipsypapa | 2010-02-18 13:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13762641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-02-19 06:04
構造上とはいえ、
室内のアーチが美しいです。
機能美というんでしょうね。
構造計算なんてしていない時代、
経験の積み重ねで、
こういう構造になったんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2010-02-19 11:14
j-garden-hirasato さん、
古いヨーロッパの教会のようです。
江戸末期から明治初期にかけての建物は、
棟梁の経験と勘だったのでしょうね。
ただこの天井形式はヨーロッパのお手本があったのでしょう。
<< 旧羅典神学校 長崎コレジオ(旧長崎教区大司教館) >>