長崎伝統芸能館

c0112559_14221841.jpg
 グラバー園を出たすぐそばにある洋館。1860年(万延元年)に建てられた初代アメリカ領事館員の宿泊所でした。昔は東山手16番地にあり活水学院の前身として使用されたのち、現在地へ移設されました。

 当初の形状は不明ですが、現在は南山手の崖沿いにあり、広大な地下室(とはいえ傾斜に沿っているので、半地下室)に歴史資料館としてグラバーやシーボルトの愛用品、キリシタン資料、南蛮貿易のギヤマン、ビードロなど19世紀の長崎をしのぶ展示品が並び、その一角は土産物屋になっています。

 現在のデータでは旧グラバー邸より3年早い築なので、これが日本で一番古い木造洋館です。しかし移設復元されたという背景からグラバー邸が現存最古とも言えます。木造平屋建て(地下室付き)。

長崎伝統芸能館
旧東山手十六番館
1860年(万延元年)
設計・施工 : 不明
長崎市南山手町4-15
撮影 : 2009.5.18
c0112559_14232823.jpg
 グラバー園を出た道路からは普通の洋館に見えます。
c0112559_14235944.jpg
 玄関を入って・・
c0112559_14242982.jpg
 すぐ巨大な地下室があり、各種の展示品。
c0112559_1425233.jpg
c0112559_14252554.jpg
c0112559_1425593.jpg
c0112559_14254280.jpg
 奥は土産物売り場。近代的なヴォールト天井の形状から見て、地下部分は最近追加されたようです。
c0112559_14264460.jpg
c0112559_14265899.jpg

by gipsypapa | 2010-02-16 14:29 | 建築 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13747769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-02-18 06:28
移築でかなり手を入れたんですね。
当時の面影があるのは、
玄関くらいですね。
それにしても、
大きい建物です。
Commented by gipsypapa at 2010-02-18 10:02
j-garden-hirasato さん、
まったくここは予備知識になかったのですが、
グラバー園を出た目の前にあったので入ってみました。
玄関周りはレトロ感がありますが、
地下を見て、その時は新しい建物かもしれないと。
後で調べて古い建物が移設されたのがわかりました。
Commented at 2013-04-15 10:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-04-15 10:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2013-04-16 11:49
sin さん、
コメントをいただいているのに気づかずレスが遅れました。
ご要望の件、出処を記憶していないので、
調べて分かればお伝えします。
しばしお待ちください。
<< 長崎コレジオ(旧長崎教区大司教館) 旧グラバー邸 >>