旧グラバー邸

c0112559_113363.jpg
 グラバー園で最も有名な建物。エレベーターで最も上層にある旧三菱第2ドックハウスから丘を下ってきた、最下層にあります。個人的には、ずいぶん昔にグラバー園を訪れているわけですが、これだけの建物が揃う前だったこともあり、ぼんやり記憶に残っているのは、この旧グラバー邸だけ。といっても当時は今ほど建物に興味がなかったせいもあって、どちらかというと、庭園からの長崎港や対岸の稲佐山の眺めの記憶が強い場所です。

 江戸末期、安政6年(1859)に来日した英国人貿易商トーマス・ブレイク・グラバーが建てた、接客を目的としたベランダ・コロニアル様式の住宅。次回紹介する旧十六番館と並ぶ日本最古級の木造洋風住宅で、長崎港や長崎の市街地を見下ろす高台にあります。プッチーニの「蝶々夫人」の舞台になり、長崎観光の名所となっています。c0112559_11152232.jpg

 江戸末期に来日した西欧人はインドの英国植民地や香港、上海のいずれかを経由して来たことから、当時の彼らが住んだ家は熱帯地方のベランダ・コロニアル・スタイルが一般的に採られており、この建物もそれを踏襲しています。寒いヨーロッバから来た人々がアジアの高温と強い陽射しを避けるため、住宅に幅の広い庇を張り出してベランダを巡らせ、家の中に涼しい風を入れるように考えられた様式ですが、日本は冬が寒いため、ある時期からベランダをガラス窓で囲うようになったそうです。

 クローバー型といわれる珍しい平面形状。ほぼ円形に近い多角形の壁面で囲われた3つの部屋が三方に突き出し、その周りに幅の広いベランダが巡らされ、玄関を設けずにベランダから出入するバンガロー・タイプです。外壁はベランダが廻らされた部分が漆喰壁。丘に面した外壁は一部下見板貼り。屋根は桟瓦葺きで、先端部に鬼瓦を有する和風です。部屋割は多様な形状でバンガロー形式のため、廊下がありません。窓は内向きの両開きフランス窓で、上部に櫛形アーチのファンライトがあります。有名だけあって見どころが多い建物です。

 グラバーの書いた簡単な間取り図を元に、小山秀之進(のちの小山秀)が請負って建てたものといわれています。国の重要文化財指定の木造平屋建て。

旧グラバー住宅(旧グラバー邸)
1863(文久3)年
重要文化財
設計 : 不明
施工 : 小山秀之進(小山商会)
長崎市南山手町8-1(グラバー園内)
撮影 : 2009.5.18
c0112559_11154824.jpg
c0112559_1116355.jpg
c0112559_11161881.jpg
c0112559_11164250.jpg
c0112559_1117059.jpg
c0112559_11172014.jpg
c0112559_11173773.jpg
c0112559_1118793.jpg
c0112559_11182492.jpg
c0112559_1119241.jpg
c0112559_11195087.jpg
c0112559_1120832.jpg
c0112559_11202546.jpg
c0112559_11204318.jpg
c0112559_11205919.jpg
c0112559_11211562.jpg
c0112559_11213091.jpg
c0112559_11214337.jpg
c0112559_1122116.jpg
c0112559_11221992.jpg
c0112559_11223638.jpg
c0112559_11225771.jpg
c0112559_11231919.jpg
c0112559_11233923.jpg
c0112559_1124030.jpg
c0112559_11241951.jpg
 こちらは付属棟。
c0112559_11245912.jpg
c0112559_11251683.jpg
 私は上から降りてこの門を出ましたが、こちらかも旧グラバー邸に行くことができます。
by gipsypapa | 2010-02-15 11:27 | 建築 | Trackback(5) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13738495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2010-12-18 19:44
タイトル : 「龍馬伝」効果100万人突破へ 長崎グラバー園
NHK大河ドラマ「龍馬伝」のロケが行われ、主役の福山雅治さんが昨年の紅白歌合戦で熱唱した長崎市南山手町の観光名所「グラバー園」。“龍馬伝効果”で来場者数を飛躍的に伸ばし、年間入場者数が8年ぶりに100万人を超えそうだ。... more
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2013-09-22 23:06
タイトル : 世界遺産候補の旧グラバー住宅 築150周年
世界文化遺産への推薦が決まった「明治日本の産業革命遺産」の施設の一つで、築150周年を今年迎えた旧グラバー住宅で21日、長崎の近代化に貢献した英国商人トーマス・グラバーらの功績をたたえる顕彰式があった。献花やバグパイプの演奏があり、大浦小の児童40人は合唱を披露した。... more
Tracked from ぱふぅ家のホームページ at 2015-05-14 18:54
タイトル : グラバー園で三菱の歴史を学ぶ
グラバー園で三菱の歴史を学ぶ【更新】世界文化遺産に推薦... more
Tracked from ぱふぅ家のホームページ at 2015-10-30 13:36
タイトル : グラバー園で三菱の歴史を学ぶ
グラバー園で三菱の歴史を学ぶ【更新】グラバー別邸... more
Tracked from ぱふぅ家のホームページ at 2015-11-19 07:15
タイトル : グラバー園で三菱の歴史を学ぶ
グラバー園で三菱の歴史を学ぶ【更新】リンク更新... more
Commented by j-garden-hirasato at 2010-02-16 05:34
グラバー邸には行っているはずなんですが、
こんな建物だっけ?状態です。
情けない…。
建てられたのは江戸末期なんですね。
激動の時代。
龍馬の写真があるということは、
この地に訪れたということですね。
Commented by gipsypapa at 2010-02-16 14:15
j-garden-hirasato さん、
いえ、私も昔の記憶と違ったイメージでした。
なんとなくベランダの感じは合っていますが、
こんな多角形だったとは思っていませんでした。
龍馬についてはグラバー邸の解説に
「グラバーは五代才助、坂本竜馬、伊藤博文、桂小五郎、木戸孝允等を
自宅に匿ったり、五代を中心とする薩摩藩の19名の視察団と
留学生あるいは伊藤博文、井上聞多など長州藩の留学生の
資金的援助を行うなど、西南雄藩との接触を深めた。」
というのがあります。ここにも来た可能性が大です。
<< 長崎伝統芸能館 旧スチイル記念学校 >>