旧オルト邸住宅

c0112559_1451310.jpg
 これも当初からこの地にある洋館。旧オルト邸は江戸時代末期に建てられたイギリス人貿易商ウィリアム・オルトの住宅。後にF・リンガーの長男フレデリック・エラスマス・エドワード・リンガーが昭和の初期にこの邸に住んでいたので、リンガー(兄)邸とも呼ばれたことがありました。c0112559_1462270.jpg

 寄棟屋根桟瓦葺きに、3方をベランダが取り巻き、窓は外開きの鎧戸のあるフランス窓。軒高が高く、三角ペディメントの切妻屋根の大きなポーチが前方に突き出しています。高い天井のベランダを支える列石柱が印象的な、コロニアル・スタイルの本格的洋風建築です。ベランダの内側の外壁は石材を規則正しく積み上げ、窓が一定の間隔で配列されています。江戸時代にこれほどの優れた意匠の洋館があったのが驚きです。設計はイギリス人の技師と思われ、施工は天草出身の棟梁、小山秀之進(小山秀)。国の重要文化財の石造り平屋建て。

旧オルト邸住宅
1864(元治元年)ころ
重要文化財
設計 : 不明(英国人建築家)
施工 : 小山秀之進(小山商会)
長崎市南山手町8-1(グラバー園内)
撮影 : 2009.5.18
c0112559_1464466.jpg
c0112559_147857.jpg
c0112559_1472885.jpg
c0112559_1474722.jpg
c0112559_148846.jpg
c0112559_1482362.jpg
c0112559_1484432.jpg
c0112559_149144.jpg
c0112559_1491892.jpg
c0112559_1494221.jpg
c0112559_1410087.jpg
c0112559_14102640.jpg
c0112559_14105151.jpg
c0112559_14111067.jpg
c0112559_14114666.jpg
c0112559_1412437.jpg
c0112559_14123156.jpg
c0112559_14124781.jpg
c0112559_1413667.jpg
c0112559_14132185.jpg
c0112559_14133683.jpg
c0112559_14135275.jpg
c0112559_14141932.jpgc0112559_14143971.jpg
























c0112559_14151682.jpg
c0112559_14153946.jpg
c0112559_1416059.jpgc0112559_14163228.jpg














c0112559_1417369.jpg

by gipsypapa | 2010-02-09 14:20 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13692199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-02-10 06:36
江戸時代末期で、
こんな洋館が建てられていたんですか。
驚きです。
明治末期だ、と言われれば、
そう思えてしまうほどです。
Commented by gipsypapa at 2010-02-10 10:22
j-garden-hirasato さん、
御存じでしょうが、長崎は江戸時代に唯一出島を通して
当初はポルトガル、後にオランダだけに開港していました。
江戸末期の安政5年(1858)に、徳川幕府がついに鎖国を解き、
5ヶ国と修好通商条約が結ばれ、
横浜、函館とともに長崎も自由貿易港としてあらためて開港。
つまりこの時代には長崎には早くも外国人居留地が出来たわけですね。
このオルト邸よりさらに古い洋館がグラバー邸です。
<< 旧オルト邸付属施設 旧リンガー住宅 >>