東山手十三番館

c0112559_1144313.jpg
 東山手のオランダ坂西側に建つ洋館。明治中期に建てられたフランス領事館でした。昭和14年(1939)から昭和31年(1956)まで、フランス代理領事を務めたアンドレ・ブリキ氏の私邸でしたが、その後は荒廃していたようです。2007(平成19)年に長崎市が購入して改修。私が訪れた直前に、喫茶店として公開されるようになったそうです。登録有形文化財の木造2階建て。

 なお、オランダ坂を挟んだ東側にはヴォーリズ+ヴォーゲル設計の活水学院(活水女子大学)本館があります。素晴らしいので、ぜひこちらも見てください。

東山手十三番館住宅主屋
旧フランス領事館(アンドレ・ブリキ邸) 1894(明治27)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長崎市東山手町3-1
撮影 : 2009.5.18
c0112559_117260.jpg
c0112559_1173789.jpg
c0112559_1181558.jpg
c0112559_1184896.jpg
c0112559_1191336.jpg
c0112559_1110974.jpg
c0112559_11103573.jpg
c0112559_1111192.jpg
c0112559_11114864.jpg
c0112559_11121694.jpg
c0112559_11124785.jpg
c0112559_11134141.jpg
c0112559_11141436.jpg
c0112559_11145631.jpg
c0112559_11152835.jpg
c0112559_11155853.jpg
c0112559_11163875.jpg
c0112559_11171295.jpg

by gipsypapa | 2010-01-18 11:19 | 建築 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13514688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-01-18 21:17
最近、修繕されたんですね。
どこか、
真新しい感じもしますが、
それでも、レトロ感があって、
現代建築とは、
趣が全然違います。
Commented by gipsypapa at 2010-01-19 11:36
j-garden-hirasato さん、
新しい感じですよね。
実は長崎のこの種の洋館は大半が改修されていて、
ピカピカなのが多いです。
横浜の山手町や神戸の北野町も同じですが、
どういう形であれ、保存して公開してくれたらありがたいです。
Commented by ガメラ @ 横浜派 at 2012-07-16 01:51 x

初めまして。
ガメラ @ あかん外人です。 (笑
よろおね。

http://www.senti-g.com/senti/senti-j/akira-nagasaki.html
で見える、二つの長崎の街角、
http://www.senti-g.com/senti/senti-j/nagasaki/michi.jpg

http://www.senti-g.com/senti/senti-j/nagasaki/kawa.jpg
は現実の長崎の何処かに在るのでしょうか?

教えて下さい~
m(_ _)m
Commented by gipsypapa at 2012-07-16 14:14
ガメラ @ 横浜派さん
無理じゃ~。
長崎の住人ではありませんんであしからず。
Commented by ガメラ @ 横浜派 at 2012-07-16 19:36 x
なぬほど。 (涙
Commented by まさみ at 2013-12-16 10:29 x
喫茶店がとても気に入りました。日本で一番落ち着けるカフェ!

スペースが広くて、内装も落ち着いているし、かかっている音楽もJazzで、お勧めです。
Commented by gipsypapa at 2013-12-17 12:34
まさみさん、
それはよかったです。
私は喫茶店は覗いただけでして、
先を急いだので・・・・
<< 長崎市旧居留地私学歴史資料館(... 旧長崎英国領事館付属屋・職員住宅 >>