旧長崎英国領事館本館

c0112559_10183897.jpg
 一夜明けて、この日は快晴。早速、東山手のオランダ坂を目指しました。まずは、入口に近い旧長崎英国領事館から。

 明治後期の煉瓦造り。2階部分にベランダを配し、正面のベランダにはイオニア式の2本対になった柱頭が3組見えます。また両側にある丸窓がアクセントになっている美しい建物です。歴史的な価値だけではなく、華麗ながらしっとりとした外観も貴重なランドマークといえます。

 最近まで野口彌太郎記念美術館として一般開放されていましたが、老朽化が進んだとのことで、改修が行われています。そのため門が閉じていて、細部を見ることができなかったのは残念でした。

 設計はイギリス工務所上海事務所技師長のイギリス人建築家のウィリアム・コーワン。彼は旧下関英国領事館(1906)の設計も手掛けており、いずれもベランダを持つコロニアルスタイルを採用しています。国の重要文化財の煉瓦造り2階建て。

旧長崎英国領事館本館
1908(明治41)年
重要文化財
設計 : ウィリアム・コーワン(英国工務省)
施工 : 後藤亀太郎
長崎市大浦町1-37
撮影 : 2009.5.18
c0112559_10214858.jpg
c0112559_102287.jpg
c0112559_10223994.jpg
c0112559_10253728.jpg
c0112559_102310100.jpg
 門が閉まり、手前に木が茂っているため、正面2階のベランダ部分の全貌が見えません。
c0112559_10235996.jpg
c0112559_10242487.jpg
c0112559_10245023.jpg
 右側に「領事館の小径」があり、レンガ塀沿いに側面が見えます。
c0112559_10264172.jpg
c0112559_1027513.jpg
c0112559_10273486.jpg
c0112559_10275991.jpg
 この方向にも2階にベランダがありますが、こちらはアーチ構造。
c0112559_10285271.jpg
 背面は煉瓦の表面にモルタルが塗られていました。
by gipsypapa | 2010-01-14 10:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13482923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-01-14 21:36
人の顔みたいに見えますね。
ちゃんとまつ毛まであります。
たまたま、そのように見えるだけでしょうけど…。
Commented by gipsypapa at 2010-01-15 10:10
j-garden-hirasato さん、
言われてみれば・・・
つぶらな瞳です。(笑)
<< 旧長崎英国領事館付属屋・職員住宅 日本二十六聖人記念聖堂(聖フィ... >>