長崎の陶々亭

c0112559_11141276.jpg
 旧品川医院を探して十人町を回っていて見つけた建物。黒塗りの外観と2階の窓の形が珍しく、目を引きました。最初は和風の住宅に見えましたが、「陶々亭」という表札があります。典型的な日本料理の料亭かと思うと、街灯に中華料理と書いてありました。調べると、明治初期に建てられた貿易商の邸宅だったそうです。現在は50年以上の歴史を持つ、高級中華料亭になっています。木造2階建て。

陶々亭
明治初期
設計・施工 : 不明
長崎市十人町9-4
撮影 : 2009.5.17
c0112559_11154657.jpg
c0112559_11155585.jpg
 2連の窓に鉄の扉。
c0112559_11162949.jpg
 この角を落とした大きな窓も珍しい。
c0112559_1116576.jpg
 高級素材の良さを生かし、脂っこさがない上品でおいしい料理だとか。また機会があれば、一度味わってみたいと思います。ただし完全予約制で、1日4組のみ。お値段も高そうです。
by gipsypapa | 2010-01-08 11:18 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13433897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 品川 at 2010-01-12 13:55
タイトル : 品川
品川について記事を書いております。まだまだかけだしですが、今後発展予定です。もし、よろしければトラックバックお願いします。... more
Commented by sy-f_ha-ys at 2010-01-08 19:30
黒漆喰の外壁に鉄製の扉を付ける手法は、魚の町にある江崎べっ甲店を連想してしまいました。江崎べっ甲店も明治期の竣工との事ですから、当時長崎で流行っていた施工方法だったんでしょうかね。
色々と興味が湧いてくる建物です。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-01-08 20:50
1日4組!
かなり高級なんですね。
んー、自分には無縁の世界ですね。
鉄の扉で、
シャットアウトです(笑)。
Commented by gipsypapa at 2010-01-09 11:35
sy-f_ha-ys さん、
長崎は見所が多すぎて(函館も同じでした)江崎べっ甲店は見逃してしまいました。
候補に入れていたのですが、そちらへまわる時間がなくなって。
その代り、偶然こういう建物を見つけたら、得をしたような気分になります。
Commented by gipsypapa at 2010-01-09 11:38
j-garden-hirasato さん、
ははは、HPで見ると、ちょっとお酒をのんだりしたら
一人1万円くらいはかかりそうです。
地元に住んで、何年かに一度の贅沢を・・・しかないかも。
Commented by 芋太 at 2010-01-17 10:17 x
はじめまして~
まずは撮影された凄まじい件数に驚いています!
これから時間をかけてゆっくりと拝見していこうと思っております。

アタマから見て、当物件に釘付けになりました。
何風というのでしょうね・・・。
洋風でも和風でも中華(笑 でもない。
一階と二階がまるで別の趣を持っているのもすごく気になります。

Commented by gipsypapa at 2010-01-17 22:02
芋太さん、
初めまして。見て頂いてありがとうございます。
この建物に興味を持たれたのは意外でした。
基本的には和風ですが、色々な意匠が取り入れられて面白いです。

芋太さんのブログにも行ってみました。
結構、近代建築があるじゃないですか。
調べ物をするときに、検索で色々なサイトに行きますが、
ヒットしたことがないのが不思議なくらいです。
またよろしくお願いします。

お願いついでにもうひとつ。
興味深かいのがあって見たいと思いますが、
場所の情報が欲しいですねぇ。
色々なサイトにヒットしても場所が分からないということが多いので。
個人の住宅は仕方がありませんが
(私も文化財か、過去に公開されていない限り、住宅は詳しい住所は書いていません)、
公共施設や商業施設は住所の情報(番地まで)があれば、
地図を頼りに同じものを見て感動を共有できると思うのですが。
<< つりがね堂薬局 長崎の旧品川病院 >>