長崎の旧品川病院

c0112559_10164746.jpg
c0112559_10175177.jpg 旧唐人屋敷のある館内町から西へ進むと、坂のある小高い丘があります。ネット情報でここ十人町に大正中期に建てられた旧病院兼住宅があることを知り、ついでに見ていくことに。ところがなかなか見つかりません。そのはずで、ネットで見た玄関の向こうに見える建物が、生い茂る木に隠れてしまっていて、一部しか垣間見ることができませんでした。白い下見板貼りの木造2階建て。

旧品川病院
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
長崎市十人町9-11
撮影 : 2009.5.17

→ がネットにあった写真。主屋の玄関周りと2階部分にベランダが見えます。





c0112559_10182220.jpg
 今はこのように樹木が生い茂って門だけしか見えません。最初は気づかずに通り過ぎてしまいました。
c0112559_10191027.jpg
 このように側面の一部だけがかろうじて。
c0112559_10194080.jpg
c0112559_10203456.jpg
 煉瓦塀に囲まれています。
c0112559_1021062.jpg
c0112559_10211160.jpg
c0112559_10212476.jpg
 さらに石畳の小道を上ると、長崎らしい煉瓦塀が続いています。閑静な住宅地です。
by gipsypapa | 2010-01-07 10:23 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13425338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2010-01-08 20:54
この建物は、
誰も住んでいないんでしょうね。
それにしても、
こんなに木が茂ってしまうとは…。
Commented by gipsypapa at 2010-01-09 11:40
j-garden-hirasato さん、
門に表札はありましたが、空家の雰囲気でした。
ネットにあった写真を見る限り、
手を入れたらカフェかレストランに使えそうです。
Commented by kawauso at 2013-09-23 18:38 x
この家の持ち主ですが
大正8年は増築した年で建てたのは明治32年ですよ。
Commented by gipsypapa at 2013-09-23 20:29
kawauso さん、
初めまして。
家主さんですか。
門の前の路地からかろうじて見えた
白い下見板張りの建物が
明治32年の築ということでしょうか?
増築部分は見えない?
建築年に関する他のネット情報があれば教えてください。
ともあれ貴重なコメントをありがとうございました。

<< 長崎の陶々亭 旧唐人屋敷 天后堂 >>