出島のカピタン部屋

c0112559_10142236.jpg
 オランダ商館長(カピタン)の事務所や住居として使用されていた大きな木造の建物。商館長の私室以外にも、迎賓館としての機能をもった公的な部屋を持ち、日本の役人や大名などが出島を訪れたときの接待所としても使われました。これも最近復元された和洋折衷の木造2階建て。

カピタン部屋 1809(文化6)年 / 復元
設計・施工 : 不明
長崎市出島町6
撮影 : 2009.5.17
c0112559_10151018.jpg
c0112559_10151889.jpg
c0112559_10152846.jpg
c0112559_10154010.jpg
c0112559_10155591.jpg
c0112559_10161456.jpg
c0112559_10165429.jpg
c0112559_1017618.jpg
c0112559_10171629.jpg
c0112559_10173069.jpg
c0112559_10174625.jpg
c0112559_1017583.jpg
c0112559_10183184.jpg
c0112559_10184883.jpg
c0112559_1019737.jpg
c0112559_10192774.jpg

by gipsypapa | 2009-12-25 10:20 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13319735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-12-25 20:01
出来立てホヤホヤの感じがしますが、
デザインが何ともレトロですね。
出来たばかりの古民家民芸館みたいな感じです。
これはこれで、いいんだと思います。
建築物は出来上がったときが、
一番いい状態なので、
今が旬ということです。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-12-26 17:24
長崎は暫く訪れていませんが、こんな建物が出来たんですね。
もし本物が残っていたとしたら、国内最古の西洋館ということになっていたのでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2009-12-27 21:53
j-garden-hirasato さん
ここを見たときは出島が出来たときからの建物とは思わないまでも
それなりに古いものかと。
調べると最近、図面をもとに復元したものだとわかりました。
長崎は原爆のため、多くの建物を失ったこともあり、
完全に原形のままというのは少ないようです。
Commented by gipsypapa at 2009-12-27 21:56
sy-f_ha-ys さん、
長崎も函館も同じ港町で、町の雰囲気は背後に坂があるとか似た環境ですよね。
ただ建物はそれぞれ独特の共通点が見受けられて興味深かったです。
<< 出島旧石倉(考古館) 出島シアター >>