奈良少年刑務所正門

c0112559_14153210.jpg
 奈良女子大から天理教梅谷教会を経て、北へ進みなだらかな坂道を上ったところにある奈良少年刑務所。明治の五大監獄(千葉、金沢、奈良、長崎、鹿児島)の1つだった奈良監獄署の正門です。ロマネスク様式の重厚な設計ですが、ドームがヨーロッパの寺院やお城を連想させます。煉瓦造り。

 設計は明治・大正期の建築家で、東京帝国大学工科大学(のち東京大学工学部)卒業した後、司法省に勤め、五大監獄を設計した山下啓次郎。ジャズピアニストの山下洋輔の祖父だそうです。

 この建物以外の作品には、千葉監獄(1907年、現千葉刑務所)、長崎監獄(1907年、正門・管理棟の一部を残し解体)、金沢監獄(1907年、解体後、正門・中央看守所・監房の一部は明治村に移築)、鹿児島監獄(1908年、門のみ現存)、名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所(1922年、現名古屋市市政資料館、重要文化財)があります。

奈良少年刑務所正門
旧奈良監獄署正門 1908(明治41)年
設計 : 山下啓次郎(司法省営繕課)
施工 : 直営
奈良市般若寺町18
撮影 : 2009.8.29
c0112559_1417239.jpg
c0112559_14174423.jpg
 ここまで来ると、雨があがりました。坂を上って行くと長大な煉瓦塀が見えてきました。
c0112559_1419294.jpg
c0112559_14192483.jpg
c0112559_14194274.jpg
c0112559_1420043.jpg
c0112559_14201669.jpg
c0112559_14203529.jpg
c0112559_14205142.jpg
 年1回行われる「奈良矯正展」で、本館前まで入ることができ、構内施設の見学会も行われるそうですが、今年は9月12/13日。訪れるのが2週間ほど早すぎました。
by gipsypapa | 2009-12-14 14:22 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/13230574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-12-14 21:25
とても刑務所の正門には見えません。
怪しげなテーマパークの入口みたいですね。
刑務所でなかったら、
また違ったイメージだったかもしれません。
意外性がおもしろいですね。
Commented by gipsypapa at 2009-12-15 10:52
j-garden-hirasato さん、
ははは、まさに「怪しげなテーマパークの入口」です。
他のブログでも同じような記事があり、
実際に以前は近くにあった遊園地と間違える人もあったとか。
Commented by sy-f_ha-ys at 2009-12-17 19:45
前に山下啓次郎設計の千葉刑務所を見に行きましたが、奈良刑務所はもっと華やかな感じがします。
私も千葉刑務所の矯正展に行こうと思いつつも、毎年行きそびれています。
Commented by gipsypapa at 2009-12-18 14:32
sy-f_ha-ys さん、
千葉刑務所の正門も管理棟も写真で見る限り、よく似ていますね。
ここも矯正展があるわけか。
多分興味深いアングルから見ることができそうです。
Commented by 松永洋介/ならまち通信社 at 2010-03-09 22:07 x
はじめまして。このたび、奈良少年刑務所を隅から隅まで徹底的に写真撮影しました。3月20日から5月1日まで、奈良市内で写真展「知られざる名建築 〜旧奈良監獄・奈良少年刑務所の美〜」を開催します。どうぞよろしくお願いします。
Commented by gipsypapa at 2010-03-10 17:49
松永洋介/ならまち通信社 さん、
写真を見せてもらいました。
素晴らしいです。コメントをいただきありがとうございます。
職員も知らない奥まで撮られたとか。
私も中を見たいです。
<< 奈良少年刑務所本館 奈良の喜多家住宅 >>